【無知の知】

皆様おはようございます。昨日、台風で3日も発売が遅れた週刊新潮の124ページに「揣摩臆測」。この四字熟語が出てきて愕然としました。見たことない。もちろん読めない・・・当然のことながら、「職場の教養」のようにフリガナもふっていません。「揣」が読めないので、ネットに「摩臆測」と入れると、揣は「し」と読み、この四字熟語は「しまおくそく」であることが判明。イヤハヤ南友(by永井豪)、56年生きてきても何も知らんなあ。そう思った次第でございます。ちなみにこの記事の20行目にでも出てきます。週刊新潮の18番のようです。↓




# by shintekiware5 | 2020-09-09 09:18 | 独り言

【喝破するといふこと】

 皆様こんにちは。16年前発売されたこの書籍。今を遡ること34年前の1986年、早稲田大学の学生が1年間にわたり、大西先生(1918~1995)の保健体育の講義「人間とスポーツ」を録音していたテープを書き起こしたものが、もとになっています。現在までに何度か読み返しておりますが、あらゆるページで激烈な大西節が炸裂。中でも私の印象に残ったのは、当時の中曽根首相(1920年~2019年)を喝破する276ページからのこの部分。「もし、今のままで政治が進んでいくと、また戦争をやろうっていうアホが出るかもしれん。中曽根なんか主計将校で、後方でうまいものを食って、戦争をやっておったから、我々みたいに第一線で戦争をやってた人間とは違うんだ。だから、軍備の問題でもなんでも、考え方が甘い。しかし、全ては奴ら権力者が決めていくんだ」。世間に名の知れた先生が、講義の中とはいえ、時の政権を見事に痛烈に喝破する。こんな根性がすわった骨のある人物は現在、なかなかいらっしゃらないな。中曽根氏の時でさえこんな感じだったら、今の政治をどう喝破してくれるのだろうか」と思った次第なのでした。失礼します。
【喝破するといふこと】_f0101965_11241719.jpg

# by shintekiware5 | 2020-09-03 11:20 | お勧めの本

【新解釈 ノルウェーの家具】

 NHK FM 日曜夜21時放送 ディスカバービートルズ ←(クリックすると見逃し配信を聞けます)が、今の私の楽しみです。こないだの日曜紹介されたラバーソールの2曲目「ノルウェーの森」。実は森じゃなかった。
 ナンパした彼女の部屋に行くと彼女は言う。「いいでしょ北欧(ノルウェー産)家具よ」。これが本当じゃないかと和田唄は言う。確かに家の中に普通森はないだろう。
 そして、最後、彼女がいなくなった部屋で、風呂に寝かされた僕が火をつけたのは、「たばこではなく、北欧家具だった」。つまり、「振られた彼女に対する腹いせに火をつけてやったんだ」というビートルズ流のギャグ。しかし、それ放火です。
さすがだ。恐るべし和田唄。ちがった。曲作ったのはポールだった。マニアックなビートルズ情報満載の「ディスカバー ビートルズ」。最高。お勧めです。クリックすると聞き逃し配信が聞けます。↓




# by shintekiware5 | 2020-09-01 16:57 | お勧め音楽

【拙速より巧遅】

皆様おはようございます。前の会社では「巧遅より拙速」。そう教えられましたが、ワクチンは違うのではないでしょうか。貼り付けた記事(←クリック)を読むと、「国が賠償肩代わり」という前提で、全員接種になりそうですが、「副作用等大丈夫なのだろうか?」と疑問に思います。というのも6月、日経新聞に3回にわたり掲載された「史上最大のワクチン事業 その挫折と教訓」という特集を読んだからです。ではどんな内容だったか説明します・・・時は1976年1月、フォード大統領の時代。ニュージャージー州の陸軍訓練施設で多くの兵士が「呼吸系の疾患」を訴えていました。そして1ト月後、18歳の兵士が死亡。「米疾病対策センター」が調査したところ、兵士から新型の「豚インフルエンザ」が検出されました。このVIRUSが、そこから遡ること58年、1918年に大流行し、未曽有の被害を出した「スペイン風邪」と抗原が酷似。「100万人が死亡する可能性がある」。「流行はジェット機並みにやってくる」。「3か月以内に全国民にワクチンを接種せねばならない」。「決断は一週間以内に」。どっかの国みたいですが、公衆衛生当局はフォード大統領をせっつきます。で、大統領は「全国民2億人にワクチンを接種する」と発表。接種事業は同年10月1日から始まります。すると、11日に最初の被害が・・・ピッツバーグで高齢者3名が接種後間もなく死亡します。国民の不安を払しょくするためフォード大統領は10月14日家族とともにワクチンを接種。その姿はテレビに映し出されました。ところが逆風が。「ギランバレー症候群」の発症者の報告が、12月中旬までに50例以上出ます。この症候群の説明はここでは省きます。最終的には4000万人接種した時点で接種事業は中止。同症候群の発症者は最終的に530人。接種事業との因果関係は「ある」とみなされました。警告された「新型インフルエンザの流行」は起こらず、残されたのは「使われなかった大量のワクチンと4000件の損害賠償請求」でした。そして最終的に二人の学者が、この出来事を検証した報告書を作成します。タイトルは「豚インフルエンザと政策決断」。この報告書が問いかけているのは、「不確実な事柄について意思決定する難しさ。専門家と素人である意思決定者(政治家・官僚)の関係の危うさ」でした。鉄血宰相ビスマルクは、こう言いました。「愚者は経験に従い(学びではなく従いだそうです)、賢者は歴史に学ぶ」。なので政府の皆様方には、1976年のワクチン事業などもじっくりと検証していただき、どうか慎重に事を進めていただきたい。そのように思うのでございました。最後までお付き合いいただき有難うございました。失礼いたします。

# by shintekiware5 | 2020-07-22 08:43 | 独り言

【共感】

大変お久しぶりでございます。昨日の大機小機。中盤「日本の全人口を1回〜大きな効果がある」に甚だ共感。筆者は先のように述べた後、「空想的な思考実験」と続け、最後に「検査と隔離を長期間続ける仕組み作りを急ぐべきだ」と述べ「国全体の公共事業として議論すべきだ」と締めます。現在まで国全体の罹患者は8503人。よく分かりませんよ、よく分かりませんが、現時点での罹患者は、隠れ罹患者を含めても数万人ではないでしょうか?その数万人が数十万人、数百万人に感染爆発しないよう国や地方自治体はありとあらゆる業種・業態に自粛・休業を求め、個人や企業の行動・営業活動を制限した結果、言うまでもなく日本全体が今、恐ろしく疲弊しまくっています。「自粛・休業要請・行動制限」。それはそれで現在取りうる最善の策なのかもしれません。ただ、天下の暴論と知りつつ、誤解を恐れずに申せば、罹った人が悪いわけではない。悪いわけではないが、数万人のために他の1億2千9百9十数万人が犠牲を強いられているのが現状・現実」と言えないでしょうか?コロナ禍を完全制圧した後には、大機小機の筆者が書いているように「検査場所〜財源」を公共事業として是非是非進めていただけないだろうか?そのように強く思った次第でございました。
間違ってたらごめんなさい。
【共感】_f0101965_19041440.jpg

# by shintekiware5 | 2020-04-17 19:09 | 独り言

【「いよおお」は やめておくれよ W杯(だぶるはい)】

解説 今回のライブ観戦で違和感を感じたのがキックオフ、つまりボールが真ん中から蹴られる瞬間に「いよおおお」という例の歌舞伎の囃子声?掛け声?を大音量で流すこと。「日本らしさ」。それを狙ってるんでしょう。が、しかし、一言だけ言わせて下さい。自分らのやってたラグビーとワールドカップではレヴェルが、段違い平行棒なのはもちろん熟知していることを前提に。「キックオフ」・・・僕等の時代はロックの見せ場であり醍醐味でもありました。当然危険も伴いました。空中で相手と競り合う時にカウンターでエルボーが入り唇切って試合後縫ったり、落ち方が悪く靭帯損傷して入院したり。けど、それで良かった。勇気あるプレーでチームを鼓舞できたらそれで良かった。その、まさに緊張感漂うそのシーンで、まさにボールをキャッチする瞬間に「いよおおお」。腰から砕け落ちそうです。違うんじゃないだろうか。古い人間だとお思いでしょうが自分はそう思いました。

# by shintekiware5 | 2019-09-24 08:50 | スポーツ

【ラグビーってなんでこんなに泣けるのやろ】

久々の投稿でございます。「ノーサイドゲームオンエア」。原作 池井戸潤氏のプロットの素晴らしさ。その原作を基にプロデューサーが脚本家や配役を決めドラマの世界を作り出す。なかでもジャパンの広瀬元主将が出ているのは驚きました。そしてその広瀬元主将が、ドラマの重要な役割を果たしていて、演技ではないリアル感を醸し出す。注目したのは廃部の危機を免れる要因にもなった雨中での「大泉洋決死のスーツタックル」。そのタックル台になっているではないか・・・・・・出番超多い。準主役ではないか・・・さて、ドラマを見ながら社会人ラグビーをたったの5年だけ経験した自分としては1991年最後のシーズン、負けが込んだ時のある出来事を思い出しました。飯田代表(ドラマのイメージとしては西郷輝彦)が60人を超える部員に「栄養会」と称してポケットマネーで焼肉を奢ってくれたのです。食べる量も飲む量も半端じゃないラガー。飯田代表、大散財だったと思うんです。そしてラガーは素直だからそのことを意気に感じ、「有難いなああああ」という思いが込み上げてきて代表の「粋な計らい」に応えるんだよな〜。メンバーの中でも最もアホなあたしは何も考えず「おおいいみんなあ死んでやるどおおお」とか叫んで相手に突っ込むんです。栄養会の後の試合は皆の気持ちが一つになり勝ちを重ね、2部リーグ落ちを免れました。なんかそんな28年も前のことを思い出して、ただただ泣けた初回75分でした。いやああああ、さすがは「スクール ウォーズ」のTBSです。来週からが楽しみです。また熱くなりました。来週からも泣き続けます。そしてこのままであたしは終わりません。酔ってます。失礼します。

# by shintekiware5 | 2019-07-08 08:08 | 感動

歩行者優先

皆様おはようございます。この1週間、歩行者を巻き込む悲しい事件が続出しました(事故ではなくあえて事件と表現します)。あんなに可愛らしい女の子と素敵なお母さん、そして三宮の若い男女。彼女達の人生が一瞬に終わってしまう不条理。ご主人、そして親御さん達の哀しみを思うと、なんとも表現できない気持ちになります。そしてわが国が「ヒエラルキー社会」であることも改めて露呈しました。さて、本日の「春秋」。真中の1センテンスは非常に印象的です。「JAFの調査では、信号がない横断歩道を歩行者が渡ろうとしても、停車する車は1割に満たないという」。そこで私は宣言します。「これからは信号機のない横断歩道で歩行者を確認したら必ず止まります(ただし後ろからオカマを掘られないように緩やかに)」。失礼します。


# by shintekiware5 | 2019-04-25 07:42 | 独り言

【戯言】

皆様こんばんは。新元号決まりましたね。【令和】最初は違和感あったんです。「しかしちょっと待てよ」。「令(定められた規則の意あり)」は最近ラグビー選手が頻繁に使う「discipline(規律・しつけ)」にも繋がるし、「和」は試合終了後の「NO SIDE」をイメージさせる・・・あの検討委員会のメンバーには確か生前平尾さんと親交があり自身もラグビー選手だった山中先生もいるじゃないか・・・・つまり「令和」。この元号はラグビーとも深いつながりのある言葉ではないのか。そして「ラグビーワールドカップ日本開催」の年に大変ふさわしい元号なのでは・・・そう思い直したのでした。「令和」。何となく身も心も引き締まる気がします。好きになりそうです。戯言です。失礼します。

# by shintekiware5 | 2019-04-01 19:10 | 独り言

ぶんちゃんらーめん。もやしラーメン。

皆様こんにちは。先日、「鹿児島のK川K司」氏がアップしていた「ぶんちゃんラーメン」。9年ほど前から「年に1度」ほど通ってます。某NBメーカーの鹿児島営業所長が「出水の3号線沿いにぶんちゃんラーメンという店があり自分としてはここが鹿児島で一番うまい」と紹介してくれたことがきっかけでした。本日我社と懇意にさせていただいている出水の某メーカーさんにご挨拶に伺った帰りに2年ぶりくらいに行ってみました。注文したのは「もやしラーメン」。10回くらい通ってますが、このメニューは初チャレンジ。さあどう表現しましょうか?「目に物を見せたるわあああ」。これは、ちとおかしいですね。「超弩級のねぎ」。違った用法かもしれませんが、この表現が実はぴったりだったりするかもしれません。ねぎだけで原価100円超と思われます。繰り返します。下に炒めたもやしが隠れています。ねぎラーメンではありません。もやしラーメンです美味しゅうございました。失礼しもす。ちなみに9年前の記事はこちらです。宜しければご覧になってみてくださいませ。→ ぶんちゃんラーメン。
ぶんちゃんらーめん。もやしラーメン。_f0101965_16101213.jpg
 

# by shintekiware5 | 2018-12-28 15:58 | 鹿児島の素晴らしさ