<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

天才 松山ケンイチ

 ドラマの内容に関しては賛否両論あると思う。

 それはおいといて・・・・

 松山ケンイチという俳優を私は、天才ではないかと思うのである。

by shintekiware5 | 2009-02-28 23:04 | 独り言

うん、打率8割5分といったところか・・・

 今、結構評判の自分の説明書シリーズ、O型の私はヒット率8割5分だった。
 
f0101965_21554911.jpg


 真っ暗じゃないと眠れない

 豆球も気になる

 旅行は行き当たりばったり

 駆け引きは苦手

 キレルといきなり暴れる

 いい加減ぽいけど責任感は強い。

 ドラマとか映画で素直になく。

 など、うなずきながら一気に読んだ。

 「Oじゃないけど、俺もそうだぜ」とか、「関係ねえだろ」という方もいるかもしれないが、

 「騙された」と思って買っても損しないかもしれません。

by shintekiware5 | 2009-02-27 23:43 | お勧めの本

どんぴしゃ。

f0101965_22484046.jpg

 (画像削除されていたので、固有名称を消して再度貼り付けてみました)
普通に買って千円。明日はいい事があるさ。

by shintekiware5 | 2009-02-26 22:52 | 独り言

い、いかん。

 首から肩への痺れは、腕の外側を通り、指先にまで至っている。

 ビリビリビリビリ

 電気が走る。

 い、いかん。
 
 明日は鍼に行かねば・・・・

 しかし、45でこれじゃ先が思いやられる。

 哀しいのお。

by shintekiware5 | 2009-02-25 22:36 | 独り言

人生に乾杯を

f0101965_17215987.jpg

私が録画しても見る番組「泣け歌」で紹介された歌。

人生に乾杯を。


ググっと来ます。

by shintekiware5 | 2009-02-24 17:21 | お勧め音楽

パパとあなたのかげぼうし こんの ひとみ 金の星社

 兎に角、泣ける絵本。

 息子を持つ父親なら間違いなく、いやそうでなくても・・・・感性豊かな方は・・・

 最後のページで滂沱の涙を流していることでしょう。

 一家に一冊。

 
f0101965_831896.jpg

 
 お勧めの本です。

 

by shintekiware5 | 2009-02-23 23:57 | お勧めの本

今日の反省。

 1. スタンスの際、股間とクラブの間は拳一つくらい。

 2. 手首はガチガチにならないようにする。柔らかくしておく。

 3. クラブはしっかり握るが力を入れすぎないこと。

 実は・・・

 ラグビーをしている時も父からよく言われていた。

 お前は固い。いらんところで力が入りすぎ。と。

 要はどんなスポーツでも私は力みすぎてるみたいだ。

 スポーツだけではなく、仕事、いや人生も私は力みすぎている。

 弛緩と余裕

 こんな言葉もこれからの仕事や生き方に取り入れていきたい。

 3連投目はなんかこじつけのような記事になってしまった。
 


 

by shintekiware5 | 2009-02-22 23:54 | 業務日誌

RESCUE

 以前、こんな記事を書いた。(←クリック)

 今、土曜ドラマRESCUEにはまっているが、3年前から縁があったわけだ。

 そして

 3年前はせっかく頂いたRESCUEもスイング軌道がめちゃくちゃだったために、全然、私を救ってくれなかった。

 しか・・・・・

 12回レッスンに通った今は違う。

 軌道もだいぶ分かってきた。
 

 きっと実践でも私を救ってくれるに違いない。

 F崎君、改めて有難う。

 土曜日の日記でした。

 

by shintekiware5 | 2009-02-21 23:59 | 業務日誌

当社新年会の一コマ。

 全国60人の敵我ブログをお待ちかねの皆さん。
 
 私は元気です。今から3日分まとめて書きます。

 まずは水曜日、当社懇親会の一コマ。

 優作兄いにそっくりなSトウYウスケさんと、永ちゃんファンのSマさんです。

 
f0101965_22203210.jpg


 二人ともナイスガイです。

 以上、金曜の日記終了。

 
 

by shintekiware5 | 2009-02-20 23:45 | 業務日誌

モチベーションの高い人材。

 この春、高校を卒業する生徒さんの採用試験を行っています。

 感想を述べます。

 簿記を始めとし、資格取得数がすごい。

 数多くの資格を取得したということは、3年間一所懸命勉強したと言うこと。

 私の5倍は、したことでしょう。

 さらに入社のモチベーションがとても高い。

 希望に満ちた有望な若人が生き生きと働ける組織風土を作ることが急務だと私は強く感じました。

頑張ります。

by shintekiware5 | 2009-02-19 23:54 | 独り言