<   2008年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ピリピリピリピリ

 ピリピリネタを過去にいったい何回書いただろうか・・・・

 現役時代、巧緻性という言葉には、程遠い選手だった私に、激しくぶつかる以外のプレースタイルはありえなかった。
 
 当たること、頭から突っ込むこと、人を絶対怖がらないこと、それのみが自分の生きがい。

 当時はプレイスタイルどころかある意味、ライフスタイルでもあった。

 強ければそれでよかった。力さえあればよかった

 そして

 今、その後遺症に悩まされている。

 愚か者と笑いますか・・・・

 実は・・・・

 ここ1週間、牽引と電気に行ってないせいか、左側の首の側面から、肩、そして腕から指先にかけてピリピリピリピリ。

 I can't stop しびれ

 痺れが止まらん。

 ピリ辛は大好きだがピリピリは勘弁だ。

 ああああ、どうすりゃいいのか。

 来週は整体に行ってみる。

by shintekiware5 | 2008-02-29 23:52 | 独り言 | Comments(0)

ストックからもう一つ。

 大崎駅近く、ラーメン凛。
 この強力に載った野菜と、それに隠れたラーメンMの食券を買ったはずなのに超々大盛の太い太い手打ち麺。ラーメンというよりも手打ちうどんのよう。

 すごい。凄すぎる。

 是非皆さんも真正面から戦ってみて欲しい(絶対Lを頼んではいけない)。

 完食できたら・・・・
 
 きっと最後は、ロッキーのテーマが頭の中で鳴り響くことでしょう。
 このラーメンはそんなラーメンです。また戦いたい。いいライバルに出逢った。
 
 後で調べてみるとラーメン 二郎系らしい。どうりで・・・
 
f0101965_8471379.jpg

by shintekiware5 | 2008-02-28 23:48 | グルメ | Comments(4)

ネタ切れはストックで補う。

 投稿時間を調整しているのはご愛嬌だ。

 少し前に人形町 玉ひでに行った。

 着いたのは12時を少し回った時間。店の前からぐるっと裏まで並んだ。
f0101965_17525281.jpg

 50分後ようやく、席につけた。まずはスープを味わう。濃くもなく薄くもなく鶏のだしの自然な味わい。親子丼への期待が高まる。
 
f0101965_1845920.jpg

 ウォーミングアップ終了。いよいよ親子丼だ。淵のほうが固まっているのが少し気になるが、仕方ない。あれだけ多くの親子丼を作るのだから・・・・
 
f0101965_17554186.jpg

 プルプルの卵と味わい深い軍鶏の肉、そして甘辛い醤油のかおりと味わい、それらが口の中で渾然一体となってとろけていく。ゆっくり味わって食べたつもりが、いつもの癖でかっこんでしまい、5分ほどで食べ終わった。

 旨かった。

 しかし・・・

 もっとゆっくり味わって食べればよかった・・・
 もったいない。
 
 また並ぶかって?

 うん、また何年か後に・・・
 

by shintekiware5 | 2008-02-27 23:45 | グルメ | Comments(0)

2月26日現在走行距離。

 年初に今年は1410キロ走るという目標を立てた。

 途中経過をアップする。

 1月の走行計画120キロ→実際走行距離 109キロ
 2月の走行計画110キロ→実際素行距離 61キロ(2月26日現在)

 つまり達成率73.9パーセント。全然、未達成。納得いかない。

 ブログタイトルが泣いているぜ。
 
 27日は都合により走れないが明日は10キロ以上走ろう。そして3月はスタートダッシュを決めて2ヶ月間の遅れを取り戻そう。

 どうか応援のほど宜しくお願いします。

 

by shintekiware5 | 2008-02-26 23:42 | フィットネス | Comments(0)

相手を理解するということ。

 25日の夕方は、ある講演会に出席した。

 その中で先生に教えていただいたこと。

 その一。

 理解は英語でunderstanding

 二つに分けると underとstanding

  つまり相手の下に立つ。

 だから上から目線では相手を理解など出来ない。

 キーワードは「教えてください」 
 
 目からうろこだった。

 社員とのコミュニケーションの取り方、妻や子供たちとの接し方の大きなヒントになった。

 その二。

 6つの幻想これも面白い。

 1.健康→いつも健康とは限らない。

 2.注意→これはなんだったか忘れた。

 3.教育→教えたからできるわけではない。

 4.文章→配っても皆読んでない。だから太字にしたりアンダーラインを引いて要点を強調するべき。

 5.常識→若い人には通用しない。
 
 6.風化→決めたことは風化する。人事異動があるから。

 その三、指差し確認。

 ファックスをするとき、例えば番号が、0992603300だとするとディスプレイを左から右になぞり指差し確認「よし」。今度は右からつまり逆方向から左になぞり指差し確認「よし」。これで完璧に送り間違いはなくなる。要は照れないこと。

 この話もとてもためになった。その他にも有意義な情報満載の1時間。

 k先生大変勉強になりました。有難うございました。
 

by shintekiware5 | 2008-02-25 23:58 | 感動 | Comments(2)

この熱帯魚。

f0101965_21442461.jpg

f0101965_21461852.jpg

最近よく見かけるんだけど愛嬌があってとても可愛い。
大きさは4センチくらい。名前知ってる方、教えてください。
グッピー?

by shintekiware5 | 2008-02-24 21:28 | Comments(2)

最近よく見られる光景。

私「最近、東に似てるっていわれるんだよね」

まわり (いっせいに固まる)

私「そのまんま」

まわり (いっせいにうなずく)

つまり
最初、まわりは「どこがあんたが東山なの」という反応で、あとの反応は「そのとおり、そのとおり」というリアクションなのだ。

なんか複雑だ。

by shintekiware5 | 2008-02-23 23:59 | Comments(0)

最大限のコストパフォーマンスを目指せ。

 以前こんな記事を書いた。

 さてこの商品。
 
f0101965_922443.jpg

 18の頃、寮のT石M弘先輩に「プラQ買ってきて」と言われセブンイレブンに買いに行ったのが最初の出会い。

 「えっオバQですか」と聞きなおしたものだ(ネタです)。

 「ぷふぁああああ」とか言いながら、おいそうにプラQを飲む先輩が羨ましかったものだ(私が飲んだのか飲まなかったのかは秘密だ)。

 実はこの商品、一粒で二度おいしい、グリコのキャラメルみたいなお酒。

 まず、度数が高い。

 次はこれ。
 
f0101965_9255964.jpg

 底に浮かぶリキュールがしみた梅。
 アップしよう。
 
f0101965_9264044.jpg

 これを2個食べると、五臓六腑に大変濃いアルコールがしみわたり、かなり気持ちよく酔えるのであった。

 コストパフォーマンスを追及するにはプラQ。

 お勧めです。
 

by shintekiware5 | 2008-02-22 23:59 | お勧め商品 | Comments(0)

チェリッシュのお二人。

 NHK知るを楽しむ木曜日。
 
 嫉妬の劇場。
 
 今日は源頼朝と源義経森鴎外と小池正直だった。

 山県有朋の後ろ盾で陸軍医務局長になった鴎外のやり方。

 賛否両論あるだろうが「あっぱれ」その一言に尽きる。

  まさに大どんでん返し。

 策を弄する。これも時には必要なのだ。
 
 最後まで見ての感想・・・・

 レベルの高い人間でも考えることは同じ。

 つまり

 兄弟だとか親友だとか、そんなのは関係ない。むしろ近ければ近いほど・・・・

 自分とギリギリのところで競っていて、自分より先に社会に認められるやつは許しがたい。

 それどころか、排除したい。

 こんなおぞましい嫉妬のスパイラルが働くのですなあ。

 だけどそれが人間なんだよなあ。逃れられない性だ。

 だからこそ相手のいいところを認めてあげて悪いところは眼をつぶる。

 そんなレベルに早く自分を高めなければいけない。

 前置きが長すぎた。

 ところでタイトル。

 流れで教育テレビをそのまま見ていたら英会話ハワイでハッピーステイという番組にチェリッシュのお二人が出てきた。

 てんとう虫のサンバが大ヒットしたのはおいらが小学生の頃。

 ならばえっちゃんだいぶ年をいってるはず。

 しかしとても若い。若すぎる。そしてとても綺麗。

 人間には老けやすい顔と老けにくい顔があると思う。えっちゃんはまさしく後者。

 蛇足だがなぜ、チェリッシュの二人といわずチェリッシュのお二人というのだろう。

 どうでもいいことかもしれないが、永遠の謎だ。
 

by shintekiware5 | 2008-02-21 23:47 | お勧め番組 | Comments(0)

敵我やる気うせる。

 画像アップしようとしたら記事が雲散霧消。

 しかも4連続。

 やる気が失せたので不貞寝します。

 お休みなさいませ。

 それにしても斉藤さん、さいとー。違ったサイコー。

 サブ。

by shintekiware5 | 2008-02-20 22:42 | 独り言 | Comments(0)