<   2007年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

感動的なプリモプエル。

 母の親友(少女時代から50年以上のお付き合い。小倉在住)から母に送られてきた可愛いお人形。
 
f0101965_2061834.jpg

 そうプリモプエル。なんと380語も話し、日に日に成長していくらしい。

 本来は私が贈るべきプレゼントなのに母のお友達には心より感謝したい。
 
f0101965_2073364.jpg

 そうだ。妻のお母さんに送ってあげよう。

 反則なくらい可愛い、プリモプエルでした。

by shintekiware5 | 2007-06-30 20:08 | 感動 | Comments(4)

郷に入れば郷に従え。

 昨日は空港から例会に直行しました。

 で、どこに行っていたかというと・・・・・

 
f0101965_18323087.jpg

 
f0101965_18324498.jpg

 このようなところです。

 かの地では

 仕事中もこの服を着て
 
f0101965_18333387.jpg

 しまんちゅに成りきります。
 もう少しアップしましょう。
 
f0101965_18363463.jpg

 ホテルのエレベーターで女性から「わぁ綺麗」って言われました。
 もちろん僕の顔じゃありません。

 そして大衆食堂で通常の2倍はあるかと思われる、480円の超弩級のカレーを食らいます。
 
f0101965_18353194.jpg

是非、画像をクリックして下さい。
 スケールの大きさに脱帽です。
 さすがの敵我親父もあまりの量の多さに最後は死にそうになりました。
 
 
 

 

by shintekiware5 | 2007-06-29 18:36 | ファッション | Comments(0)

コンプライアンス経営とは

 今日は所属する会の例会でした。

 内容は

 コンプライアンス経営。

 それに関わるDVDを見てディスカッションをするそんな会でした。

 実にタイムリーな例会でした。

 そして

 その最中、ふと思いました。

 最近起こっている出来事。

 こんな気持ちでいたらあんなことにはならなかったのに・・・・・・

 以下、過去ログを貼り付けます。

 いかが、お感じになられますでしょうか?
 

 

 

by shintekiware5 | 2007-06-28 23:59 | 業務日誌 | Comments(0)

人が憧れる人になりたい。

 今、やってるNHK songs。
 
 今週から2週続けて矢沢永吉兄いだ。

 以前、記事に書いた浅野忠信さんと今対談している。

 なんでも、浅野氏「成り上がり」を読んで以来の永ちゃんファンとのこと。

 あのとても渋い浅野忠信氏が永ちゃんの前では
 
 「はい」

 「そうなんですか」

 「そうですよねえ」
 
 「へえ~」

 「はあ」 

 「はい」 これだけだ。

 憧れの人の前ではかくも男は弱い。

 印象的だった永ちゃんが33歳のときの言葉

 「自分のせがれじゃないんだから言葉に責任は取れないよ。ただ言えるのは、いつの時代でもやるやつはやる。やらないやつはやらないのよ」

 渋い・・・

 渋すぎる。

 私もこんな渋い台詞が自然に言える人が憧れる人になりたい。

 無理か・・・

 ちなみに

 永ちゃんの星に願いをも良かった。
 

by shintekiware5 | 2007-06-27 23:12 | 永ちゃん | Comments(2)

綺麗なお花を発見。

 お得意先様の社長室に飾られていた蘭の花。

 あまりにも綺麗過ぎて絶句した。

 アップしておきます。
 
f0101965_19285422.jpg

 アップもアップ(43になると、こんなことばっかり言ってるぜい。いかしているでしょう)。
 
f0101965_19311888.jpg

by shintekiware5 | 2007-06-27 19:32 | 感動 | Comments(0)

うまいカレー

うまいスープカレー屋さんを発見した。十数席程度のこ洒落た雰囲気のその店のBGMは小野リサ。そして店を切り盛りする二人の女性はスレンダーな美人。
ちなみに写真は野菜チキンカレー750円。

ものすごくうまい。
うまいカレー屋さんを発見した・・・・
f0101965_19214523.jpg

by shintekiware5 | 2007-06-27 13:43 | Comments(4)

連鎖が連鎖を生む。

 繰り返すようだが皆さん、決してデジャブじゃない。

 今日のもたいした記事ではなかったが、とにもかくにも書きかけた記事がまた消えた。

 これはリングなのか・・・・・

 怖っ。

 だから(だからって前の文章と関係あるのかよー。だからというより「仕方ないので」が正しいだろう)

 今日は映画スパルタカスを見て寝ることにします。

 3時間の大作ですので2日に分けます。

 おやすみなさい。

by shintekiware5 | 2007-06-26 23:55 | 独り言 | Comments(0)

怒りを切り離せ。

 ついつい言葉を荒げたり、怒鳴ったりする私。人間というよりももはや動物だ。

 そんな切れやすい私。

 今日の夕方テレビを見ていると、「子供だけではなく、最近切れやすい大人が増えている」という特集をやっていた。

 その例として、最近創設されたある役所の危機管理課をとりあげていた。

 課長曰く。

「役所に来る訪問者の中で窓口でよく切れるのは、暴力団等ではなく一般の住民がほとんど」とのこと。

 そして

 その番組に声に出して読みたい日本語三色ボールペンで読む日本語で有名な明治大学教授 斉藤孝氏がコメンテーターとして出演していた。

 斉藤氏はこのような発言をしていた。

 怒りと正当性は別物。いくら正当性があっても怒ったらどうしようもない。怒りと正当性のある発言は切り離さなければならない。いくら正当性があっても怒鳴ったら駄目

 その後にこう続ける。

 怒りを整理し落ち着いて話す。臍下丹田を意識して深呼吸を数十秒繰り返し、頭に上った怒りをさげる・・・・

 いい話でした。即実践しなければ。

by shintekiware5 | 2007-06-26 00:34 | 独り言 | Comments(4)

敵我、摂氏30度の部屋で映画「連合艦隊」に落涙す。

 午前中は稽古。

 稽古中は何とか天気が持った。少し前から女子高生や男子中学生、そしてそのご父兄なども加わり、だいぶ賑やかに生ってきた。素晴らしいことだ。

 午後からは先週日曜に借りてきた父親たちの星条旗連合艦隊(昭和56年 日本)のDVDを続けて見る。

 ちなみに室温は30度。涼しい部屋で戦争映画を見ることを妻は許さない。映画を見ている間、5リットルくらい汗をかいた。
 
f0101965_232473.jpg


 父親たちの星条旗はご存知のとおり硫黄島からの手紙の逆バージョン。

 あのshow the flag の裏の人間模様をまじまじと見せつけてくれた。

 連合艦隊は、26年前の映画。

 婚約者である永島敏行に先立たれ、兄貴の遺言により弟の金田賢一と結婚することになった古手川裕子の台詞が印象的だった(ちなみにみんな若い。中井貴一は子供だ。鶴田浩二は渋すぎる。あんな俳優は今日一人もいなくなった)。

 ほんのわずかの陸上勤務を終え、大和に乗り込む事になった金田賢一が宮島の厳島神社に古手川裕子を呼び出してこう言う。

  「大和に乗ることになった。だからお前をもらうわけにはいかない」
 すると古手川裕子はこう言う。

 「うち、男の人でどうにでもできる人形なの。もう、いやや、そんなん」と。

 その言葉を聴いた瞬間、嗚咽した。

 その後、二人はどうなったのかはDVDをレンタルしていただくとして・・・・

 恐らく当時の日本では、数限りないこのようなドラマがあったのだろう。

 エンディングに流れるチンペイさんの群青も素晴らしかった。

 昨日は沖縄戦終結の日だった。わが社では朝礼時、黙祷をささげた。 

 軍人、民間人の数限りない犠牲のもとに我々は生かされていることに改めて感謝したい。

by shintekiware5 | 2007-06-24 23:04 | お勧め映画 | Comments(0)

19年はサンチェ

 サンチェ。

 もと巨人の抑え。

 違う違う。

 今日の記事は庭のプランターで育ったこれだ。
f0101965_1862871.jpg

 採って10秒後の画像。
 
f0101965_23563116.jpg
 
 やはりマヨネーズが合う。
 
f0101965_2357394.jpg

 とにかく瑞々しくってしゃきしゃきしていてたまりません。ほんのり漂う苦味とマヨネーズ酸味が口の中で絶妙のデュオを演じる。

 チーズをはさむと三重奏だ。
 
f0101965_014574.jpg

 くるっと巻いていただきます。
 
f0101965_021748.jpg


 たまらん。

 自然に感謝。地道に野菜を育てる妻に感謝。
 

 

by shintekiware5 | 2007-06-23 23:59 | 自給自足 | Comments(4)