<   2007年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

SAS(桑田佳祐)のすごさ。

 月9を見るのが我が家の日課らしい(ちなみに私の場合、大まかなあらすじは理解しているものの、ほとんど見る機会はない。だからディテールはほとんどわかっていない)。

 今週の月曜も9時半ごろチャイムを鳴らすのに誰も玄関の鍵をあけに来ない。

 だから「また見てるな、この野郎」と思い、さらに

 「ピンポンピンポンピンポン」としつこくならすと

 「もー何で鍵持ってるのに自分で開けないの~」と文句を言いながら子供が鍵をあけにきた(二人の名誉のためにどちらの子供かは内緒)。

 ここからが私の真骨頂。

 家に入り服を脱ぐ・・・・

 as soon as(基礎英語の力だ)

 「ねえねえ最後に出てくる三上博史は何者なの?」とか「えー、ヤマピーたち大学生になったの」などと

 顰蹙を買いながらもいろいろ質問してしまう・・・・・・

 前振りはこの辺にして・・・・・




 ここからが本題。

 このドラマの主題歌

 明日晴れるかな

 小六の息子がCDを買ってきた。

 彼と交渉し、250円を彼に支払い携帯用音楽プレイヤーに取り込んだ。

 今、覚えようと必死。

 さて・・・・

 ご存知の通り、桑田佳祐(SAS)のデビューは昭和53年。

 私は中3だった。なんと29年も前だ。

 新奇性あふれるコミカルなバンドだった。

 勝手にシンドバッドを物真似して歌ったものだ。

 その桑田佳祐の歌に息子が興味を持ちCDを買う。これってすごいことだと思う。

 だってそうだ。

 自分が小6のころ、50代の歌手には絶対に興味を持たなかった。

 小学生から50代(60代も含まれるかもしれぬ。いや含まれるであろう)の幅広い層に支持され、愛される男。

 桑田佳祐。

 ロッキーもすごいが桑田佳祐もすごい。

 感動した。

 わが社もそのようにならなければならぬ。

 お後がよろしいようで。
 

 



 

by shintekiware5 | 2007-05-31 23:59 | お勧め音楽

原体験。

 原体験。

 その人の思想が固まる前の経験で、以後の思想形成に大きな影響を与えたもの。大辞泉(yahoo辞書)より。

 私の原体験と言えばデミグラスソースの芳醇な匂い。

 今でも脳のどこかに鮮やかにあの時の匂いが残っているのは、とても不思議だ。

 贅沢なガキやなあって?
 
 違うんだなあ、これが。
 洋食の店でご飯を食べた思い出じゃないんだ。

 まだ30代前半だった父と一緒に配達に行ったある大きなホテルのバックヤードの匂いなんだ。

 トマトソースの甘酸っぱい匂いなども混ざり合ってたなあ~。

 これで終わればちとこのブログも格好いいのだけれども・・・

 これで終わらないのが続 敵は我にありだ。

 後もうひとつ、幼少時より私と切っても切り離せないものがある。

 それはこれだ。
 
 
f0101965_2345133.jpg

 

 ちなみに・・・・

 この金缶は10年以上前に実家から頂戴した商品だと思う。いまだに使い終わらない。実に重宝する。

 とにかく昔から味の素の特約店だった我が家では、祖父母を含む家族全員が必要以上に味の素をかけていたような気がする。

 さて・・・・

 今日はこのような使い方をした。

 ご飯に鰹節をパラパラとふりかけ
 
f0101965_23482793.jpg

 味の素をすくい
 
f0101965_2349961.jpg

 少量鰹節の上に。
 
f0101965_23494222.jpg

 仕上げはこいつだ。おかかご飯に「うま差」 
 キッコーマン杉桶しょうゆ。
 
f0101965_23511071.jpg

 今日は最後の最後である商品CMをパロった。

 ただ分かるのは鹿児島の人だけだろうなあ。

 おかかご飯最高でした。

 訳の分からない締めとなってしまった。お赦しを。

by shintekiware5 | 2007-05-30 23:54 | グルメ

哀愁のカサブランカ

 このブログの登場回数ナンバーワン。

 kコーマンのN澤さんです。出身は埼玉県。4年前に鹿児島に赴任しました。
 
f0101965_1363788.jpg

 
 哀愁のカサブランカみたいな顔をしていますが、実はこの悲しそうな表情はヤラセです。

 写真を撮る5秒前にこの表情を作ったのでした。だから口元が笑ってます。

 東京転勤が決まり、本当は生まれ故郷の関東に帰れるのがうれしくてうれしくて仕方ないのです。

 ばらしてごめんね。
 

by shintekiware5 | 2007-05-29 23:59 | 独り言

こんな日もあります。

 テレビをつけると、悲惨な事件や、おろかな男とそれに振り回される官憲など、長渕兄いの言葉を借りると「ろくなもんじゃねええ」ことばかり。

 だけども問題は今日の日記。

 ネタがない。
 
 書かなくちゃ、君のために書かなくちゃ。

 キーボードをたたかなくちゃ。ネタがない。

 いやこれじゃいかん。

 一言だけ言っておこう。

 急にシリアスになるぞ。

 

 人間なんてもともとそんなたいそうなものではない。
 
 たいそうなものではない人間が、限りなく灰色の人間に群がって追い詰めて追い込んで・・・・

 挙句の果てに・・・・・

 結論。

 人が人を追い詰めすぎてはいけない。

 今回の件を私は他山の石として受け止めたい。

 それではまた明日。

by shintekiware5 | 2007-05-28 23:59 | 独り言

有難い。

 いろいろな会に出席させていただいているが、そんな時、何より嬉しいのが出席者からいただく 「ブログ見てますよ」。

 この言葉。

 この言葉に励まされ毎日更新しているようなもの。

 今日は、O前さんの社長就任披露パーティーで2年ぶりにある方と遭遇した。

 「コメントは入れませんがしょっちゅう見てます。そして元気もらってます」とおっしゃっていただいた。

 その方が写真の寅さんことT見さん。
 
f0101965_23314647.jpg

 
 明日からもどんどんどんどん毎日毎日、飾らない言葉で更新していくので見てくださいね~T見さん。
 

by shintekiware5 | 2007-05-27 23:36 | 感動

もろきゅう好きは親父なのか?

 もろきゅうを知ったのは18の頃。

 何となく親父くさいあてだと思った。

 昨日の夜中、ブートキャンプを終えた後、ビールが飲みたくなった。

 ビールだけでは物足りない。

 カロリーの低いつまみがいる。

 妻にしかられるのは覚悟の上、野菜室をあさり、アサリならぬきゅうりを発見。

 作ったのはこれ。

 もろ、もろきゅう(出たああああ。2日連続)。 
 
f0101965_21412682.jpg

 うまいんだなこれが。   
f0101965_21423936.jpg

 ちなみに使ったのはこの商品。普通のもろきゅうとは少し違いなかなかの珍味だった。
 
f0101965_21442669.jpg

 

 昨日のタイトルの親父ギャグといい、今日のつまみといい俺は、正しい親父道をまっしぐらに突き進んでいる。

 いいことだ。

 素晴らしき哉。人生。これからも正しい親父道を加速度的に突っ走っていきたい。

 どんどんどんどんつまらない大人になってやるうううう。

by shintekiware5 | 2007-05-26 21:45 | お勧め商品

黄砂には降参。

 今日は朝から異常なほどの蒸し暑さだった。

 その後、嵐のような大雨に・・・・

 荒れに荒れた一日だった。

 そんな天気とは逆に気持ちは、とても平穏だった。

 そして

 明日は晴天だと言ふ。黄砂が舞うらしい。

 ところで・・・・

 黄砂に吹かれて
 
 という大ヒット曲がある。

 歌っているときの歌姫の切ない表情と声がいまだに鮮やかだ。

 ちなみに黄砂というキーワードの入った歌詞は私の記憶が確かならばこの曲だけ。

 別に「黄砂じゃなくても」と思うのだが・・・・

 「あなたに似ている人も優しい人も砂の数よりいるのにね」というフレーズにつながるから、やはり黄砂じゃなくてはいけないのだ。

 振られた相手を星のような綺麗なものに喩えるのではなく目に入ると痛い砂に喩えたのがポイント(決め付ける悪い癖がまたぞろ出てきた。主観ですから気にしないでくだせえ)。

 女心のいじらしさを黄砂という言葉に凝縮させた中島みゆきの比喩力には脱帽だ。

 そして明日の黄砂には降参だ。
 頼むから飛んでこないでくれい。目に入ると痛い

 やばい。また誰かから酷いブログって言われそうだ。

by shintekiware5 | 2007-05-25 23:52 | 鹿児島の素晴らしさ

お土産の重要性。

 飲んだ帰りは、いつもフラフラなのでお土産どころの騒ぎではない。

 今日は普段、お酒の強い先輩が「早く帰っど」と10時半に店を後にし、暫く歩いた後、ミスドに入った。

 私と後輩もつられて入っていった。

 で・・・

 各種2個づつ計10個買った。1000円ジャスト。
 
f0101965_0345071.jpg

 気が小さいし不器用だから126円の商品をせいぜい2割6分引き(←上から。厳密に言えば20.63%引きだ)で、各2個づつ計10個買うのが精一杯。
 
f0101965_036583.jpg

 
 ちなみに・・・・

 定価180円のカレーパンを10個買っても1800円超が1000円になるのだ。

 こんな買い方ができる人を心臓に毛の生えた人というのだろう。

 私にはそんなな真似はできない。きっと全身のすみずみまで小市民魂がしみついているのだろう。

 先輩たちと別れ、家に帰るといつも「気もい」としか言わない娘が「わーい。ミスド」と喜んでくれた。

 お土産の重要性をさりげなく教えてくれた先輩に感謝だ。

 ところで・・・・

 飲んだ後、拍子抜けするくらい早く家に着くと、なぜか小腹が空いてしまう。

 そんなときに役立つのがこの商品。
 
f0101965_0384416.jpg

 うまいんだなあこれが。
 
f0101965_0392021.jpg

 こんなおいしい商品を安価で全国に流通させるN谷園に大いに敬意を表したい。

 有難いことだ。

by shintekiware5 | 2007-05-25 00:48 | 独り言

ちくわぶはいかん。

 我が家の子供たちは土曜日、食いタンを見る。

 食いタンというくらいだから食いタンヤオかとずーっと思っていたら

 息子が「知らないの~食いしん坊探偵の略だよ」と言う。

 な~んだ、もっと早く言えよ~。

 その食いタンの中で関西出身のおばさんと食いタンが一緒にちくわぶを食べるシーンがあった。

 関西出身のおばさんは、妙な顔をしていたが食いタンは旨そうにバクバク食べていた。

 私自身、ちくわぶには強烈な思い出がある。

 埼玉県狭山市のラグビー部の寮に住んでいたころ、晩飯のおでんに見慣れないものが入っていた。

 それは一見、焼き色のないちくわに見えた。一応だしがしみて旨そうではあった。

 噛んでみた。

 ぶにゅ。

 な、なんなんだこの物体は・・・・「これはいかん」瞬時にそう思い、一口かじっただけでこの貧乏性の私が、それ以上手をつけないでいると・・・・

 横に座っていた関東出身の先輩が言った。「これはちくわぶって言うんだ。うめえだろ」。

 うめえどころか許せない物体だと思った。

 それ以来口にすることはない。

 しかし・・・・

 高田馬場出身の妻は大好きだと言う。 鹿児島にないのが許せないと言う。

 そんなもんなのだろうか。

 同じ小麦粉でできているものを食べるなら私はやっぱりうどんだ。
 
f0101965_2310965.jpg

 つゆはこのキッコーマンのつゆで。N澤さん鹿児島を離れるようだが新しい勤務先でも頑張ってくれい。
 
f0101965_23114083.jpg

 大葉と
 
f0101965_23121462.jpg

 ねぎは庭に生えていた自家製だ。
 
f0101965_23124672.jpg

 大根おろしも
 つゆに入れて
 
f0101965_23131427.jpg

 うどんにはのりも乗っけて
 
f0101965_2313458.jpg

 おっとすった生姜もはずせない。
 
f0101965_23142499.jpg

 胃袋にいくらでも入る。何度でも言う。同じ小麦粉でできているものを食べるならちくわぶよりうどんだ。
 
f0101965_23154446.jpg
 
 

 

 

 

by shintekiware5 | 2007-05-23 23:15 | 独り言

きりぐちしげる。

 やめておこうかと思ったが記事にしてしまおう。

 少し前、ドラマ父母の誤算の記事で山さんつまり露口茂が校長役だったと書いた。

 するとY留がこう言う。

 「きりぐちしげるさんですよね。フジテレビアナウンス部の」と。

 「違うよ~。きりじゃなくてつゆ、しかもその人は露木茂」。
 まっ、そんなことはどうでもよい。

 今日は面白商品を紹介したい。密かにブームが巻き起こっているようだ。
 
f0101965_23251090.jpg

 早速開缶してみよう。大丈夫か。
 
f0101965_23263323.jpg

 温めた後どんぶりに移してみた。うん、なかなか本格的。
 
f0101965_23273179.jpg

 ここで疑問にお答えしたい。

 「麺のびないの?」
 のびないのです。なぜなら、麺は、蒟蒻なのです。
 味は意外とおいしかった。現時点では自動販売機専用商品らしい。
 
f0101965_2330329.jpg


 さて・・・
 
 ある毒舌家は薔薇族とこき下ろしたがめげずにアップする。
 
f0101965_23321825.jpg

 
f0101965_23324827.jpg

 
f0101965_23371645.jpg

 
f0101965_23382625.jpg

 
f0101965_23342980.jpg


 とうとうコメントを書く気力がなくなってしまった。もう当分、花はアップしない。最後の最後までお付き合いいただき心より感謝します。有難うございました。
 
 

by shintekiware5 | 2007-05-22 23:45 | お勧め番組