<   2007年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

教育は死なず

 高校の頃、やっていたドラマの原作名

 ドラマの題名は「父母の誤算」だった

 山さんが校長先生

 利根重が、陰がある問題児の役を巧みに演じた。

 ふてぶてしかった

 後に名バイプレイヤーになる村田雄浩は、渋い高校生役だった。

 考えさせられる社会派ドラマだった

 そして・・・・

 この「教育は死なず」といふ言葉は今、重きをなして私に降りかかってきている

 いえ、本人、決してぐれているわけではない

 しかし、言うことは聞かない。それは自分もそうだったから報いなのだろう

 つまり
 
 身から出た錆だ

 私自身もお父さんお母さんに謝ろう

 「ガキの頃は迷惑をかけてごめんなさい」

 そして子供に対する教育は粘り強くいくしかない

 教育は死なずと念じながら

by shintekiware5 | 2007-04-30 23:59 | 学問 | Comments(2)

意外と空いていた。

 行って来ました。
 
f0101965_0232011.jpg

 朝、シネコンに行き4人分の券を先に買っておきました。

 家に券を持ち帰ると、早速「お父さんの隣に座らないジャンケン」を始める我が家。

 何故かって?

 「タオルくれ」だの、鼻水すすったりだの、とてもうるさいそうです。
 
 不運にも私の席の隣を引いてしまったのは妻でした。

 で

 どんな映画かって。

 これから見る方に悪いのでストーリーには触れません。

 結論だけ言います。

 「何を今更」とは、とても思えない素晴らしい映画です。

 特に私を含む中年過ぎの大人たちは彼から愛と勇気と希望をもらうのは間違いありません。

 「今を生きなくては、今を鮮やかにしなくては。いくら打たれても前に進んでやるんだ」と。

 そしてもちろん

 スタローン自身も不完全燃焼だった5にしっかりおとしまえをつけ、今満足感に溢れているのではないでしょうか。

 荒唐無稽?

 それを言っちゃおしまいなのです。とにかくこの映画を見るコツは、ロッキーと言う実在する人物がいるのだと自分の脳に錯覚させて映画に浸りきること。 
 それができる人には絶対、お勧めの映画です。得るもの、多いですよお。
 
f0101965_048313.jpg

by shintekiware5 | 2007-04-29 23:59 | お勧め映画 | Comments(2)

君はインストゥルメンタルで泣けるか。

 ロッキーバルボア ザ ベスト オブ ロッキー。
 
f0101965_053662.jpg

 1からファイナルまでの代表作が収録されています(ただしファイナルは一曲のみ)。
 
f0101965_0573120.jpg

 そりゃベストですからどの曲も思い出深い。最高です。そうした中、涙が溢れ出すのが3曲目。

 一作目ロッキーでアポロとの戦いのときに流れていた曲です。
 嘘みたいにぶたれてもめげないロッキーを思い出し、涙が止まりませんでした。

 で
 明日は家族でファイナルを見に行きます。家族には「隣に座りたくない」と言われていますが容赦しません。隣に座らせて滂沱の涙を見せてやります。

 愚か者と笑いますか? 
 

by shintekiware5 | 2007-04-28 23:59 | お勧め音楽 | Comments(0)

強制執行。

 今までもいろいろ我慢してきたがもう許せん。強制執行だ。
 
f0101965_21575636.jpg

 
 というわけで・・

 5月から娘と一緒に基礎英語1、基礎英語2を学ぶことにしました(確か僕らの頃は、基礎英語、続 基礎英語じゃなかったですか?
)。

 寝坊したらたたき起こします。

 そうしないと3月に泣きますので今、泣かせます。

 どうか、このへんてこ親子の応援宜しくお願い申し上げます。

 ところで

 今の子、筆記体習わないらしいですね。娘の答案用紙を見て初めて知りました。

 

by shintekiware5 | 2007-04-27 22:01 | 学問 | Comments(4)

下町のフレンチ ビストロ。

 木曜はあるメーカーの代理店会議が、水天宮のホテルであった。
 チェックインし、部屋のテレビをつけると・・・・・
 
f0101965_2051740.jpg

 普段、T横インにしか泊まらない私。うーん、参った。感動した。
 
 今後の経営方針や新製品の説明・試食などを終えた後、懇親会にうつり、22時少し前に2次会がお開きとなった。その後、私が向かった先はこちら。

 
f0101965_20264950.jpg


 ビストロ ポイントだ。住所は江東区扇橋。最寄の駅は住吉。親友だったS山君の弟k治君がシェフをしている。K冶君の料理の腕はもちろん、アットフォームな雰囲気が評判を呼び、大変人気のレストラン。開店後、17年は経過しているはず。

 ここの御両親には学生時代、大変お世話になった。時間的に料理は無理だと分かっていたが、どうしても話がしたくて弊店間際に飛び込んだ。40分ほどお母さん(私はお母さんと呼ばせていただいている)や、K冶君、そしてお姉さんと近況を語り合った後、お母さんを森下の家まで送り、またそこでお父さんと積もり積もった話をした。

 帰りには「浜町で降りればいいからね」とメトロカードまで頂戴した。有難い。涙が出る。
 
f0101965_21898.jpg

 浜町で降りホテルに向かう途中、あるラーメン屋の看板が俺をひき寄せる。
 
f0101965_2059323.jpg

 このラーメンが390円。酢とコショーをたっぷりかけていただいた。
 
f0101965_2122666.jpg

 あっさりしていて大変美味しかった。確かこの会社は上場企業じゃなかったか・・・・・

 そんなこんなで木曜は、盛りだくさんな一日なのであった。
 
 
 
 
 

by shintekiware5 | 2007-04-26 23:54 | グルメ | Comments(2)

朝礼ネタ。みるにはいろいろある。

 ある代理店会議で同業の社長から教えていただきました。

 「一般的に、みるは見ると書く。それは誰でもそう答える。そのほかにも 観る。これは芝居や演劇を観る。こう使う。リラックスした気持ちで観るわけだ。視る。視察する場合は、観るより少し注意が必要だ。そして大事なのが看る。これは、子供の面倒を看る場合。しかしそれだけではない。部下の面倒を看る。部下の様子・態度を看る。つまり親の気持ちで看るのだ」。

 目からうろこでした。

 これらのことを意識するとしないのとでは、数年後、数十年後に大きな違いが出るのは間違いありません。A社長、有難うございました。大変勉強になりました。

by shintekiware5 | 2007-04-25 23:59 | 感動 | Comments(0)

耳掃除はこまめに奥さんがやってくれなかったら自分で。

 最近、妻が息子に話しかけると、「何て?何て」としきりに聞くので、ひょっとしてと思い耳掃除をしてあげたそうです。

 すると

 耳垢が大量に詰まっていて、全てを除去すると急に音がクリアになったそうです。

 なんとなく眉唾っぽい話ですが、今回は息子を信じましょう。

 私も今から自分で耳掃除をします。
 
f0101965_016024.jpg


 音はクリアに聞きたいですものね。

 それに・・・・

 聴覚が研ぎ澄まされ、いちいち人の話の腰を折らずによく聞けるようになるかも(笑ってんなよ。Y留、u原)。

 さて

 今日は少ししつこい。口調も変化だ。

 イチビキ赤飯おこわ。
 
f0101965_0173311.jpg

 もち米と小豆と小豆汁が同封されている。
 
f0101965_017592.jpg
 
 それらを調理例に従って入れるだけ。
 
f0101965_019479.jpg

 本格的な赤飯おこわの出来上がり。ホクホクモッチリ、実にうまい。
 
f0101965_0193779.jpg

 何より簡単なのがいい。超お勧め。

by shintekiware5 | 2007-04-24 23:59 | 独り言 | Comments(2)

むむー超接近だあ。

 土曜の午前中はウォーキングをかねて櫻島周辺のごみ拾いをしました。空き缶やタバコの吸殻、ペットボトルなどを数十人の参加者と一緒に拾いました。途中、携帯であまりお目にかかることのない風景を写しましたのでアップします。
 
f0101965_2350298.jpg

 火山灰は海に注ぐ。
 
f0101965_23503995.jpg

 溶岩に接近。
 
f0101965_23513915.jpg

 赤松は何の影響か?
 
f0101965_23541686.jpg

 以上、桜島の写真でした。

 はいっ、今日はおちも下げもありません。 

by shintekiware5 | 2007-04-23 23:57 | 鹿児島の素晴らしさ | Comments(2)

人間も映画も分かりやすくないとね。

 大元さんがロッキー・ザ・ファイナルの記事を書いていた。私もこの映画を見逃すわけにはいかない。

 が

 その前に

 今日21時からあるロッキー4。

 しっかりと復習だ。

 ドラゴとの身長差30センチ以上。科学的トレーニング対非科学的トレーニング。ソ連対アメリカ。
 
 対立軸のあまりの分かりやすさに当時、今より一層単純思考しかできなかった私にグーッと入っていく映画だった。

 そして・・・

 その後、ラグビーの試合前には、ロッキー4のテーマソング「バーニングハート」を聞くのが慣わしになった。

 あのときの熱き感動をもう一度。

 そして見終わった後は

 やはりこれだ。

 


 
f0101965_20382042.jpg


 それでは皆さんまた明日から気合を入れてがんばりましょう。

by shintekiware5 | 2007-04-22 20:39 | お勧め番組 | Comments(2)

炭水化物好きに朗報

 大塚食品のマンナンヒカリ。原材料はでんぷん、水溶性食物繊維、こんにゃく澱粉粉などだ。
 
f0101965_021088.jpg

 裏面パッケージ。
 
f0101965_032567.jpg

 カロリー制限必要な方にと表のパッケージにあるが、医者に制限されている人だけではなく、もっと多くの現代人にマッチした商品なのではないか(もちろん私もその一人だ)・・・
 このように75gのスティックが7本入っている。
 
f0101965_0251664.jpg

 少し小さめの米粒みたいな感じだ。
 
f0101965_063714.jpg

 通常はこめ1合にマンナンヒカリ1パック。我が家では米2合とマンナンヒカリ1パックで炊いたらしい。当然一見どれが米でどれがマンナンヒカリか、区別はつかない。
 
f0101965_082292.jpg

 ズームしてみた。それでもほとんど区別はつかない。
 
f0101965_09977.jpg

 で味は・・・・
 いつものご飯よりプリプリとした感じでかえって、旨いくらい。
 しかもいつもと同じ量を食べてもカロリーは低いわけだから、とってもラッキー。

 胃袋は炭水化物でもこんにゃくでも、要は満腹になれば、それでいいのだ(バカボンパパか)。
 
 あるお客さんのところで、このマンナンヒカリを定期的に購入され、かなりのダイエット(15キロ超)に成功した方がいると聞いた・・・・

 上代千円なので、一食あたり百数十円つくが、効能効果を考えると、とてもコストパフォーマンスに優れた商品と言えるのではないだろうか・・・・

 我が家ではしばらく続けることになっている。
 

by shintekiware5 | 2007-04-22 00:18 | お勧め商品 | Comments(0)