<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ガソリン代値上げ

 明日からリッター当たり6円も値上がりするらしい。

 ∴

 さっき自家用車を満タンにした。へたしたら1年ぶり(驚)
f0101965_23131686.jpg


 このところ、ショボショボショボショボ、セルフのスタンドで金額指定2000円とか数量指定10リッターみたいな感じで入れていた。

 が、値上げと聞くと買いだめ(入れダメ)しないとね。

 それにしても・・・・・

 満タンって気持ちいいもんですな。
 
 大金持ちになった気分だ。

 しかし

 乗りません。

 天気もいいことだし、ダイエットを兼ね、明日から自転車をこぎまくりまっせ。

 みなさん、後53分で値上げ。

 入れてない方は今日のうちにね。

by shintekiware5 | 2006-07-31 23:07 | お知らせ

慌しい一日

 慌しい一日でした。

 今日行った丸木浜は、坊津の先にあります。

 坊津の観光案内。
 
f0101965_0412561.jpg

 展望台からの眺め。
 
f0101965_0432489.jpg

 この海の向こうから鑑真和尚が命懸けで来たのだと思うと、ものすごい歴史ロマンを感じますなあ。

 さて丸木浜はこんなところです。
 
f0101965_0444890.jpg

 水もとってもきれいです。
 
f0101965_0453151.jpg
     
f0101965_0454517.jpg

 家に帰って食べればただに近いのにやっぱお前等「今、ここ」で食べたいんだな~。
 
f0101965_048041.jpg

 じゃあおいらもビールをいただきましょう。
 
f0101965_0483324.jpg

 海で飲むビールのうまい事うまい事。やめられません。
 混み始めた正午には丸木浜を後にし鹿児島市内に向かいました。
 帰りは農道を通りました。そこで思わぬものを発見。
 
f0101965_0504227.jpg

 違う角度から
 
f0101965_0532755.jpg

 そう案山子大会です。
 私が感動した案山子はこれ。
 
f0101965_0534621.jpg

 うむ。この案山子を作った人は偉い。これ以外に国を衰退から救う道はありません。
 特に親と同居している30代の独身男性に言いたい。 「早くお嫁さんを探そう」。
 選り好みしてるんじゃないよ。
 
 14時過ぎからはピアノリサイタルに行きました。
 
f0101965_0594049.jpg

 素晴らしいリサイタルでした。
 特に良かったのがこの曲。
 
f0101965_111485.jpg

 バッハ=ブゾーニ トッカータとフーガニ短調。
 
 そう嘉門達夫の「チャラリー鼻から牛乳」というあれです。
 あの曲はあの曲で新奇性がありよかったのですが、やはりオリジナルにはかないません。
 
 それから・・・・・

 正直に言わしてもらいます。

 私はオリジナルの曲名すら知りませんでした。
 無知の知。お恥ずかしい限りです。
 
 家に帰るとエイト君は暑さにばててひっくり返っていました。
 
f0101965_153473.jpg

 ご心配なく彼は元気です。
 
 

by shintekiware5 | 2006-07-30 23:39 | 鹿児島の素晴らしさ

さあ明日は海へ。

 明日を逃すと、海に行けるのは来週の日曜しかない。

 「何言ってるの、夏はまだまだ続くじゃん」と言ってるあなた。

 甘い。
 
 だってね、

 お盆以降は、くらげが大量発生するじゃない。
 
 こんな私も、「そんなの迷信」だと思っていた。

 だから

 過去、お盆に海に行った。最初はくらげもいなかったので「なんだやっぱ嘘じゃん」とつぶやきながら調子に乗って沖まで泳いだ。

 ふと顔を上げると、自分の回りを透明のプヨプヨした奴等に囲まれていた。

 「ぎゃあ~」と叫んだがもう遅い。

 奴等の餌食になり体中を刺されたのであった。まるでゾンビにでてくる犠牲者みたいだったなあ。
 
 刺されるとみみずばれになって実に痛い。

 皆さんも海に行くならお早めにね。
 

by shintekiware5 | 2006-07-29 23:59 | ファミリー

うん、痺れたぞO本社長。

 今日来社したトマトコーポレーションのO本社長。

 7年間のサラリーマン生活の後、様々な職業を経験され、8年前に創業した。

 雌伏の時を経て現在では堂々とした社長っぷり。世界を股にかけて躍進中だ。

f0101965_1713984.jpg


  O本社長も創業当初からうまくいってたわけではない。

 輸入食品も最初はなかなか思うようには売れなかったらしい。 
 
 breakthroughのきっかけはこの日経新聞の記事だったという。 

 実はこの記事掲載には裏話がある。各メディアに兎に角サンプルと、商品インフォメーションを郵送しまくったのだ。

 すると、日経新聞が真っ先に飛びつき記事掲載に到った。

 その結果、ナショナルホールセラーからの問い合わせが相次ぎ、商品拡売に繋がったのだ。

 つまり善循環の始まり。

 さて

 彼の基本方針は

 「やる前にあれこれ考えずにまず実行」。

 上記の行動もその基本方針に合致してますな~。
 
 言ってみれば

 感即動。

 勉強になりました。O本社長、今後とも宜しく。 

 

by shintekiware5 | 2006-07-28 17:12 | 業務日誌

あなどれないぞ大戸屋。

 出張先ではお客さんと昼食をとることも多い。そこでお客さんと火曜日に行ったのが大戸屋

 元はブクロの駅前食堂。そして今は全国チェーンの定食屋さん。

 チェーン店にはあまり多くを期待しない私。

 だがこの店はいい意味で私の予想を大きく裏切ってくれた。

 そう、うまいって事。
 
 注文したのはHPにもアップされている蒸し鶏とキムチの冷しスープご飯と揚げ茄子のみそ和え
 
f0101965_23315249.jpg


 つまりは

 このキムチと蒸し鶏と三つ葉がのっかったご飯に

  
f0101965_23322622.jpg


 器ごとキンキンに冷えただし汁をかけていただくのだ。

 冷やし鶏飯みたいなものか・・・・・

 このお店、全メニューにカロリー表示がしてあるし(大盛りご飯にした場合はそのカロリー。だから恐くて大盛りって言えない)、プライスゾーンは600円~700円台。実に手ごろな価格設定。

 だから店は昼夜を問わず大盛況。

 感動して

 次の日も行ってしまった。

 
f0101965_23393850.jpg


 ついつい連食してしまう店。

 恐るべし大戸屋。

by shintekiware5 | 2006-07-27 23:47 | グルメ

実力伯仲かパフォーマンスか?

 今日の「歴史の選択」は、5回も対決を繰り返したのに決着がつかなかった川中島の戦い。
 
 教養人対正義の人。

 二人の心中やいかに?
 
 実に興味は尽きない。
 
 信玄ファンの大元さんはどう考えるのだろうか?

by shintekiware5 | 2006-07-26 22:16 | 独り言

簡単な事が分からない。

もちろん、難しいことはもっと分からない。

 タイトルは新婚当時、よく妻から言われていた台詞。

 例えば、マンションのドアによくある三角のゴム。
あれをどんな風にドアにはめるか分からなくてよく笑われた。

 さて
 少し前に紹介したシッククアトロ4。電池を交換しようと思い、柄の端の部分を引っ張っても何しても全然、抜けない。しまいには歯で噛んで抜こうとしたくらい。

 お客さま相談室に電話しようとしたその時・・・・・・

 ギュッと押しながら左に回してみた
 抜けた・・・
f0101965_2152037.jpg


 何で電池交換に30分もかかるのか。

 なぜ後ひとつの応用がきかない。

 あ~あ
 俺っていったい・・・

by shintekiware5 | 2006-07-25 21:52 | 独り言

立命の書「陰隲録(いんしつろく)」を読む

 ラジオ深夜便のCDは非常に廉価(1050円)で貴重な話が聞けるので大変有難い。

 そのラジオ深夜便のネットショップで、少し前に稲盛和夫さんの「素晴らしい人生を送るために(講演会収録)」というCDを手に入れた(早く返却してくれ。E崎グリコ福岡支店長)。非常に淡々とした語り口で運命と立命について語っておられる。

 講演の中で紹介されたのが袁了凡さんの話。

 わが国で言えば、足利末期から徳川将軍家忠の時代に実在した中国の科挙。 
 
 その袁了凡さんの著陰隲録を解説したのがこの本。
f0101965_0591315.jpg


 理解力がないので、じっくり読み進めている。

 この本の中で気になったのがこの言葉。 

 肝大心小。

 肝っ玉が大きくて心遣いが細かいところまでよく行き届くという意味。

 うーむ考えさせられる言葉だ。
 
 私はどうだ。
 
 肝小心大じゃないか。

 笑ってんなよY留。

 

by shintekiware5 | 2006-07-24 23:57 | お勧めの本

おぎおんさあ中止

 今日予定されていたおぎおんさあは中止になりました。

 実際、昼前から雨は止んだのですが、鹿児島の各地の災害と県民感情に配慮したというわけです。

 つまり自粛。

 ただ懇親会場は予約しているわけで、八坂神社に参拝し、被害に遭った方に黙祷を捧げた後、粛々と懇親会は行なわれました。
 
 何枚かのフォトをアップしませう。

 Y留さんとY原さん、そしてそのお知り合いの方。
f0101965_22363035.jpg

 おっみなさんなかなかの男っぷりです。
 
 MなみさんとY原さんのお嬢さんゆきさんの2ショット。ゆきさんはビデオ撮影等で大変御尽力くださいました。
f0101965_22384750.jpg

 Mなみさんの鍛え抜かれた体にご注目。
 
 優しいゆきさんはY留の強引な要求にもいやな顔1つせずこのような素晴らしい笑顔でパチリ。
f0101965_2240317.jpg

 
 さて・・・・・

 神輿を担げなかったのは残念でしたが、世論に配慮すると致し方のないことと言えましょう。

 ただ、中心で活動してきた方々の気持ちを酌みますれば、「おぎおんさあ中止」と一言では片付けられな無念さをひしひしと感じます。

 なぜなら、半年以上も前から定期的に他の神輿連や祭主催者と会合を持ち、しっかりと準備をしてきたのですから。

 しかし悔やんでも、もう仕方がありません。

 この無念さをバネに来年は各神輿連の方々、気合を入れて一緒に素晴らしい神輿をあげましょう。

 私も出来る限りの協力はします。

by shintekiware5 | 2006-07-23 23:04 | 鹿児島の素晴らしさ

大変な事になってしまった。

 甲突川沿いで毎年行なわれる曽我どんの傘焼きは来週土曜日に順延されました。

 さて

全国的に日本中が大変な水害に見舞われている。

 犠牲になられた方には心より哀悼の意を捧げたい。

 そしてわが鹿児島では・・・・

 北薩地方が大変な事になっている。MBCニュース。
 梅雨前線の影響でひっきりなしに雨雲が発生し、常識では考えられないような大雨が降り続き、河川は氾濫、町全体が湖のようになってしまった。

 そして・・・・・・

 この大雨はこの後も少しの予断も許さない状態だ。

 私にできるのは・・・・・・・

 これ以上、犠牲者が出ないよう、ただただ天に向かい祈ることだけ。

 頼む。もういい加減やんでくれ。

by shintekiware5 | 2006-07-22 23:57 | お知らせ