<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

トマト三昧

 トマトが次から次へと収穫期を迎え、自然の恩恵に与っています。
f0101965_21501575.jpg

ちなみに手前のつけ塩はこれ。

南大東島の天然海塩。
f0101965_2151114.jpg

なんと南大東島周辺の水深5000メートルの海域で水面から200メートルの海水のみを使用したノエビアの自信作。

 このお塩、深みがあって、実にまろやか。

 トマトを口に含んだ時に種がプチプチと実から溢れ出てきますよね・・・・・あのジューシーなトマト果汁と大東島の塩が見事に融合して・・・・

 何ともいえない至福の瞬間ですなあ。


 

by shintekiware5 | 2006-06-30 22:05 | 自給自足 | Comments(2)

t太郎さん推薦のさばぶし

 t太郎さんが昨日のコメントに入れてくれた「さばぶし」。
 
 それとは微妙に違うんですが、「サバのスモーク」を買ってきました。

 お皿に盛ってみました。
f0101965_7111547.jpg


 マヨネーズをつけるととってもおいしい。
f0101965_7115296.jpg


 さて・・・・

 今朝、わが家のなすを収穫しました。
f0101965_713281.jpg


 しかし残念ながら今から出張のため口にできないんです。

 ざ 残念。

 朝の掃除風景・・・・

 私の席の周り以外を実に丁寧に丁寧に掃除をしている1人の男の姿です。

 
f0101965_716264.jpg

by shintekiware5 | 2006-06-29 07:17 | グルメ | Comments(4)

身の引き締まる思い。

 「ど真剣に生きる。世のため人の為に生きる」。

 稲盛和夫さんが繰り返し繰り返し口にされる言葉だ。

 「知るを楽しむ」。 

 
f0101965_23413553.jpg


 稲盛和夫さんのシリーズが今日終わった。
 
 俗物中の俗物の私が口にするのもおこがましいが、「ど真剣に生きる。世のため人の為に生きる」。
 
 素晴らしい言葉だ。

 人類普遍の原則だと思う。

 人生の折り返し地点は、とうに過ぎてしまったが、この言葉を意識してもっともっとど真剣に生きていかなければならぬ。

 そうすれば絶対にぶれない、芯の1本通った力強くも美しい生き方が出来るのではないか。

たとえばこの紀元杉(樹齢2500年)のように・・・・・・・

 
f0101965_23513438.jpg


 

by shintekiware5 | 2006-06-28 23:42 | 独り言 | Comments(0)

荘厳で幽玄な島、屋久島

f0101965_2332018.jpg

 ある会で屋久島に来ています。一ト月に35日雨が降ると言われているこの島。

この山一つとっても近寄りがたい厳かさを感じます。
皆様もぜび、薩摩に、屋久島に足を踏み入れて下さい。

はまります。

by shintekiware5 | 2006-06-27 23:03 | Comments(4)

ただでホラー映画観れたんだからいいじゃない。

 昨日は結局、焼酎片手にウトウトしながら最後まで見てしまいました。
 
 私の予言どおりベッカム見せてくれましたね。「針の穴を通す」というのはあのフリーキックの事を言うのでしょう。素晴らしかった。

 さて

 試合が終わった後、興奮して20分ほど寝付けず、しかも寝たと思ったら1時間後にとても恐ろしいホラー映画のような夢のなかで自分自身が酷い目に遭い、「うおおおおおおお~」と叫び目が覚めました。

 仕事から帰ってきて、そのことを妻に話すと

 「いいじゃない。ただでホラー映画見れたと思えば」 

 だってさ。

 そうかなあ?

by shintekiware5 | 2006-06-26 23:48 | 独り言 | Comments(0)

眠いけどどうするか・・・・

 今からイングランド戦。スポーツはライブに限る。録画で見るのはどうもダメだ。

 なぜなら

 遠ざかろうとすればするほど、試合結果が耳や目に必ず飛び込んでくるからである。

 結果が分かっている試合を見ることほどつまらないものはない。

 だから

 ベッカムの名人芸を前半だけ見て寝る事としよう。

 なんか、「お前何言ってんの。前半だけ見て、最後まで見ねえんだったら結局は同じ事じゃねーか」という突込みが聞こえてそうだな・・・・

 まあ、大目に見てくださいよ。

by shintekiware5 | 2006-06-25 23:55 | 独り言 | Comments(2)

自由人 はじめ(すみません。初なのか、一なのか分かりません)さん。

 沖縄のある社長が「奄美のマングローブの森に自給自足をしているはじめたけみつさんっているらしいね。NHKでやってたよ。知ってる?」とおっしゃっていた。

 Y留に聞くと「奄美では有名らしいですよ」との返事。

 そして今、奄美に出張中のY留にマングローブの森ではじめさんの取材を敢行してもらった。

 数年前まで勤め人だったはじめさんとはこの方だ。本人から掲載許可をもらったので載せちゃいます。

f0101965_65657100.jpg


 うーむ、味のある風情だ。

 しかも

 オイラとY留が同じスタイルで横にいてもあまり違和感はないなあ。

 「Y留、一緒に住まわせてもらうか?『いえ結構です。一人で行ってください』だって?なんだとお。このお~」







 分かったよ。一人で行ってくるよ。

  

by shintekiware5 | 2006-06-24 23:46 | 独り言 | Comments(2)

だからおいらは嫌われる。

 実は昨日の話には続きがある。

 ある会で食事をしてきたのだが、少し小腹がすいていた。

 「何かないか」と圧力釜の中を覗くと、カレーが少量残っていた。

 どうもベースはこのカレーらしい。
 
f0101965_19501643.jpg

 わが家の子供たちは、次の日の朝のカレーをいつも楽しみにしている。

 だが・・・・・

 オイラが残りのカレーを食べると子供たちの分がなくなってしまう・・・・・

 増量することを決意した。

 これらのものを入れた。
 
f0101965_1953726.jpg

 レトルトカレーもぶち込んだ。
 
f0101965_19534963.jpg

 これも入れてしまえ。
 
f0101965_19541270.jpg

 そしてできたのがこんなカレー
 敵我流スープカレーだ。
 
f0101965_19545514.jpg

 そして今朝、量はたっぷりあるものの、昨日とは似ても似つかない、激辛スープカレーを目の当たりにした家族からクレームの洪水。

 ただひたすら謝る敵我親父。ジップロックに誰も食べないカレーをつめ冷凍庫に放り込み、とぼとぼと出勤していった敵我親父なのであった。
 
 味方は君とお野菜だけだ。
 
f0101965_19592585.jpg


 童謡「叱られて」でも聞きながら部屋に引きこもるとしよう。
 

by shintekiware5 | 2006-06-23 20:09 | ファミリー | Comments(8)

10時過ぎに帰ってきました。

 みんな明日に備えて早く寝ていました。

 ただ一人、いや、一匹だけ私を待ってくれていました。

 彼です。エイト君。

 
f0101965_5542851.jpg


 可愛いねえ。可愛いねえ。

by shintekiware5 | 2006-06-22 23:52 | 独り言 | Comments(1)

暑くなりましたなあ。

 沖縄はもう梅雨明けとのこと。

 鹿児島も連日30度を超える真夏日となりました。

 やはり・・・・

 夏は夏らしく水銀柱がぐんぐん上がってもらわないと商売もうまくいきません。

 暑い夏の到来を今か今かと待ち望んでいる敵我親父なのでした。

 それでは皆様方お休みなさいませ。

 

by shintekiware5 | 2006-06-21 23:59 | 独り言 | Comments(1)