<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

最後のスクラム

 イーブックアスリートというサイトをご存知でしょうか?
http://www.ebook-athlete.com/index.html

 このサイトのコンテンツは以下の通りです(サイトからそのままコピー)。

「イーブック・アスリート」は、新しいスポーツ文化を創造・支援するためのスポーツ専門電子書店です。

スポーツは頂点を目指し競い合うものから、心や体の健康や育成のためなど、幅広く人生や生活に彩を与えてくれるものです。

また、スポーツは応援して楽しみ、感動し、そして共有することで、さらなる感動を生むという側面も持っています。

現代社会は、インターネットを通じ誰もが考えや思いを発信できる時代になりました。

この「イーブック・アスリート」では、従来の出版という一方通行の概念を超え、情報の発信と受信との隔たりを無くし「楽しむ」「共有する」ためのスポーツ関連専門の電子書店を目指しています。


 私はこのサイトの管理者大元よしきさんと林敏之さんのブログが縁で知り合い、大元さんの高校の同級生であり私の大学の先輩でもあるW谷さんと昨年、2度酒を酌み交わしました。

 感性力に溢れた素晴らしい方です。

 その大元さんが書き、サイトに新しくアップされた「最後のスクラム」
http://www.ebook-athlete.com/bookshelf.html

 購入し読んでみました。

f0101965_9194126.jpg


 はっきり感想を申し上げます。

 そもそも「スポーツ小説」という分野は、試合中の選手の動きや、ルールの描写が非常に難しく読者に分かりやすく伝えるのに苦労するのは、我々素人でも容易に想像できます。

 しかも

 大元さんが難しいスポーツ小説の題材に選んだのはラグビー

TBSドラマ「スクールウォーズ」やユーミンの「ノーサイド」の時代は、かなり脚光を浴びていたこのスポーツも今ではずいぶん、マイナーになってしまいました。

 その上、

 大元さんが主人公に抜擢したのは花形のバックスではなくフォワードの最前列で最も過酷な目に遭うプロップ。

 さて

 プロップの苦労は私には痛いほど分かります・・・・

 寸足らずなロックだった私は現役中、何度かプロップへのコンバート話が出ました。

 3番を組まされたりしましたが、強いチームと組んだときの脳天から尻まで響く「ごぉつぅぅ~ん」という衝撃と、1番に首をとられ2階に持ち上げられるみたいに9の字になって浮き上がる屈辱を何度も味わいましたから・・・・・

 こんなにきつくて大変なポジションはありません。

 現役中プロップを続けた人を私は心より尊敬します。

 話を戻しましょう。

 最後のスクラムでは

 その難しい試合のシーンをまさにオンリーワン・ナンバーワンの筆力で大元さんが渾身の力を込めて表現しています。

 最後のスクラムは社会人ラグビーを題材にしており、100Pにわたりラグビーのことはもちろん、主人公のサラリーマンとしての活躍や職場の仲間とのふれあい、友達以上彼女未満の女性との爽やかなロマンス等がいきいきと描かれています。

 青春大河といっても過言ではないでしょう。

 ラグビーを経験したことのない方はもちろんの事、ラグビー経験者、もっといえばプロップやロックをやっていた方には絶対読んで欲しい。
 最後のページを読み終えたとき、私は暫く動けなくなってしまいました。

 大元さんの会心作。電子書籍「最後のスクラム」。

 超お奨めです。


 
 

by shintekiware5 | 2006-04-30 19:42 | お勧めの本

またまたはずせない「知るを楽しむ」

 たまたま今日、本屋に寄ってNHKのテキストコーナーを見ていると・・・・

 ありましたよ~。

 
f0101965_033656.jpg


 来週火曜22時25分から4週にわたり放送されるNHK教育テレビ「知るを楽しむ」のテキスト。

 今回は、な、なんと「松田優作」です。

 昭和48年に「太陽にほえろ」で颯爽とデビューした松田優作が亡くなったのは平成元年。

 何と実働16年間。短かったけど濃かったなあ~。大好きでした。

 前も一度書いたことがあるけどご容赦ください。

 Gパン刑事でデビューしたときのあまりの格好よさには本当に痺れましたよ~。恐ろしく高い身長。長い手足、そしてジーパンにジージャン。カーリーヘアー。

 走り方を真似したけどかえって遅くなってしまったなあ。

 そして

 「野獣死すべし」で、恋人を殺した真田(鹿賀丈史)に放つ長台詞。

 雷が鳴り響く中で声高らかに半ば酔ってるのか、それとも狂ったかのように饒舌にしゃべり続ける有名なあのシーン。

 実はもともとの台詞を優作兄いが自分の思い通りに書き換えたものだったらしい。

 このテキストにその書き換えられた台本が写真入で紹介されています。

 この4回分は録画して永久保存ですな~。

 私と同類の松田優作ファンの方、お見逃しなく。

 ちなみにリリーフランキーさんはテキストにこう書いています。

 昔、松田優作の真似をしている若者は間違いなくダサかった。でも、そういう人を見つけると こいつだったら一緒に飲みたいと思うくらいうれしくなりました。

 松田優作やブルースリーの真似をすることは、完全に女社会から隔離されたところへ行くこと

 「また馬鹿がいる」は、男の社会では立派な誉め言葉です

 
 うんうん分かりすぎるくらい分かる。
 
 もう一度放送時間を書いときます。

 教育テレビ火曜日夜10時25分です。

by shintekiware5 | 2006-04-29 23:59 | お知らせ

僥倖

 ある師匠がこんなことを言っていた。

 「新幹線に乗るとだいたい横にはおっさんしか座らない」。

 私も新幹線や飛行機に乗る時、横に綺麗な女性が座ったためしなど一度もない。

 あれは何かの陰謀だろうか。

 それどころか・・・・

 2年位前のことだ。
 
 隣に座った50代男性が靴を脱ぎ、組んだ足が私のももに触れたときは気が狂うような憤りを覚えながらも奥歯をかみしめ「じーっ」と耐えた経験を持つ。

 ところが・・・・

 今日、搭乗した飛行機は違った。

 3列ある座席の真ん中に私が座り(右隣は相変わらず50代の男性だ)、「ぼー」っと出発を待っていた。
 
 すると・・・・

 むこうのほうから20代後半から30代前半、ジーンズ姿に赤のトレーナー、ショートカットの髪をブラウンに染めた、綺麗でグラマラスな女性が歩いてきた。手には「COACH」と印刷されたオレンジ色の紙袋をさげている。

 そして

 にっこりと「すみません」と私とおじさんに声をかけ、左隣に座るではないか。
 おいおい、こんなことは初めてじゃないかと内心ほくそ笑んだものの、そんな表情はおくびにもださず、「よし、これからの機内、渋い男の演出だ」と変な決意をした。

  まずはインテリぶった表情で

  東京の満員電車で覚えた三つ折で日経新聞をさりげなく読む(ジェントルマンは隣の人の目前で新聞をガバッと開いたりはしないのだ)。ところが、気が散って内容がなかなか頭に入らない。 
f0101965_8353773.jpg


 日経新聞をそそくさと読み終えると次はこれ。

f0101965_8372246.jpg
 
 
 内容は次の機会に書かせて頂く。ただし、一言だけ。
 「ハードパンチャー」のスペンサーにもう夢中。
 
 当然、言葉を交わすこともなく、1時間のフライトの後、飛行機は鹿児島空港に着いたのであった。

 それから

 回転台で荷物を受け取り、駐車場の送迎車両を待っていた。

 すると・・・・・

 私と同じ送迎車両に彼女も乗り込んでくるではないか、そしてなぜか関西弁で「今日はずーっと一緒でしたね」 と声をかけてくれたのでそこはおっさんらしく、正直に

 「はいっラッキーでした」と思わず本音を漏らしたのであった。

 人生、まじめにやっていたらええこともあるなあ。

by shintekiware5 | 2006-04-28 23:59 | 独り言

目からうろこ。

f0101965_1113639.jpg

たまたま夜12時から教育テレビ数Ⅰを見ていた。

少し前は女性の講師だったがいつの間にやら男性の先生に代わっている。

前の記憶は定かではないが今は男の子と女の子の生徒に教えながら問題を解かせるスタイル。

二人とも学ぶ姿勢も飲み込みもよく実に好感がもてる。

 さてタイトル。私が今日最も感動したのが(a+b)の3乗の乗法公式を図形を使って説明したシーン。

 最初に公式の展開をした後で先生は公式を一辺(a+b)の立方体にたとえた。
 そして実際に立方体を8分割したしたのだが、難しい事を分かりやすく説明する先生に二人の生徒はもちろん、私もうなずきまくったのである。
 
 なんで数学がこんなにおもしろいって事にもっと早く気付かなかったのだろう。

 いや、今からでも遅くはない。今年は教育テレビの12時代を見るのを新たな習慣にする。

そして、その事が「説得力」の向上に役立つと信じて疑わないのである。

by shintekiware5 | 2006-04-27 01:11

こんな人もいるんだなあ。

 今日、ある新聞のコラムを読んでいたらこんなことが書いてあった。

 筆者が早朝ジョギングをしていたら朝霧に濡れた黒い財布を発見した。

 札がかなり入っているみたいだ。

 名刺がないかと確認したところ免許証が入っていた。電話番号もある。どうやら住所は近くらしい。

 財布を拾った旨、電話したところ中年男性が走ってきて、興奮した様子で「こんなところにあったんですねさんざん探したんですよ」と言い、札束を数え始めた。

 「礼はいいですよ」と筆者は拒んだらしいがどうやら様子が違う。

 そう

 この男性は筆者を疑い「どうも一万足りない」と言ったらしい。

 筆者は「世の中にこんなことがあるのだろうか」と締めくくっている

 
 筆者の悔しさが文章からひしひしと伝わってきた。

 さて

 そこで自分に矢を向けてみる。こんな非礼を私は絶対しない。

 しかし

 もしかして恩を受けたのに感謝の気持ちが不足していることが多々あるのかもしれない。
 
 他山の石としてこの方のコラムをしっかり受け止めたい。

by shintekiware5 | 2006-04-26 22:14 | 独り言

人づくりは木づくり

f0101965_2053927.jpg

今、車の中で画像のCDを聞いている。童門冬二さんは今年79歳になるが、「人生で必要なことはすべて落語で学んだ 」(実にエスプリが聞いている「人生に必要な知恵は幼稚園の庭に学んだ」のパクリじゃないか)という本を出してるくらいだから、聞き手を飽きさせない実に味のある話し方で鷹山の功績と人となりを語ってくれる。

 私に取ってためになるエピソードばかり。

 中でも気になったのは「人づくりは木作り」という言葉。

 人作りは木作り。苗木を育てるようなもの。
 
  檜もあれば、杉もあり、樫もあればどんぐりもある。

 そして宮大工の西岡さんの例を出し、こう続ける。優れた大工さんは材木から木を見ていない。苗木からずーっと見ている。

 「お寺の天井板になるのかな?丸太になるのかな?それとも燃やしちまうのかな?」こんな具合に。

 また、気配りとは木配り。木に枝葉がつけば剪定してあげる。

 童門氏はさらに続ける。

 実はこういった考えが個人個人の意見形成能力が高まっている、今のIT社会なぴったりだというのだ。
 
 さて

 当社には様々な履歴の社員かいる。

個人個人のキャラを大事にし、異能を発掘し、発揮させてあげるのも私の重要な使命なのである。

by shintekiware5 | 2006-04-25 23:59

最近の楽しみ

 朝6時45分頃、永田川に沿って自転車を転がしていると、決まってある老人とすれ違う。

 年のころは80歳前後だろうか・・・・

 私を確認すると、軽く右手を上ではなく真横に上げる。

 言葉を発するわけではない。

 にこりとするわけでもない。

 しかし

 その愛想のなさが逆に味わい深い。

 私はてーと。

 自転車を立ちこぎしながら、すれ違う瞬間、「おはようござま~す」と大きな声で挨拶をする。

 私は最近、この老人とすれ違うのが楽しみ。

 だから

 大雨が降ると空をうらむ。なぜなら車で会社に行かなければならぬから。

 おじいさんいつまでも元気でいてくださいね。

 お互い名前も知りませんが、これからもずーっと挨拶し続けましょうね。

 
 写真は玄関を占領する私の自転車。

 家族からいくら文句を言われようが物騒なので外に置くわけには行かないのである。

 
f0101965_0301882.jpg

by shintekiware5 | 2006-04-24 23:59 | 独り言

「教育は死なず」

 大昔、記憶は定かではないが、タイトルを原作としたドラマがあったような気がする。

 確か・・・・

 父母の誤算といふドラマじゃなかったか。

 今は立派な渋いバイプレイヤーとなった村田雄浩が高校生役で デビュー 。

 そして「太陽にほえろ」の山さんが校長先生役じゃなかったか・・・・・

 まっそれはさておき・・・・

 私は教育者でもなんでもないのだが最近中途入社した二人の新人教育をしている過程で、彼らの顔が鮮やかに変わる瞬間を味わう事ができた。

 「教育は死なず」

 その瞬間に腹のそこからタイトルの言葉がわいてきた。

 「教育は死なず」

 その言葉に間違いは微塵もねえ。

 これからも、つたないながらもしっかりと社員教育をしていきたいと思う。

 もちろん社員教育の過程で社員よりも自らがその数倍得ることが多い事も素直に白状しておく。

 

 

 

by shintekiware5 | 2006-04-23 23:59 | 独り言

お勧めのラーメン屋さん。

 12時半から受付開始のとあるフォーラムに出席するため、11時半過ぎに弊社の取引先様でもあります「みそや堂」様http://www5.ocn.ne.jp/~dou/に弊社T覧課長と行ってきました。

 実は私、大将が池袋東武の「大鹿児島展」に出展したため、留守だった3月上旬に一度来たことがあります。

 さあ話を進めましょう。


 
 お店に着いたとき、大将がちょうど看板をだすところでしたので「大将、いつもブログhttp://blog.drecom.jp/misoyadou/で拝見していますよ~。大阪屋の田中です」と挨拶をしました。

 ブログで拝見した印象は正直なところ少しこわい感じ(大将ごめん)でした。

 しかし
 実際は

 とても笑顔が素敵なあったか~い印象の方でした。いやあうれしかったなあ。

 さて

 T覧課長が注文したのは醤油とんこつラーメン。

 
f0101965_18252456.jpg


 そして

 私はてーと(いつから江戸っ子に)、前回も注文した「極み辛みそチャーシュー」をたのみました。

 
f0101965_18273796.jpg


 白髪ネギはしゃきしゃきと歯触りが非常によくピリ辛のみそに実に良く合う。
 
 また麺はスープに実に良く絡む。

 そして多めのチャーシューには私好みの「しっかりした味付け」がされており、豚肉スライスとひき肉まで入っている超豪華版です。

 辛口なので頭から汗をふきだしながら、10分足らずで完食。

 
f0101965_18295571.jpg


 非常に満足度の高い一品でした。

 帰り際、大将との2ショット。

 
f0101965_18303362.jpg


 大将、非常においしかったです。公私共に、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 有難うございました。

 

 

 

 
 

by shintekiware5 | 2006-04-22 18:41 | グルメ

春眠暁を覚えず

 この言葉を漢文の授業で習ったときも強烈な睡魔に襲われましたが、このところ、昼夜を問わずとても眠いです。

 あまりに眠いので昼間はブラックを5杯位カブのみ。

 そして

 先ほども寅さんのDVDを見ながら「ガクン、ガクン」と舟をこぎました。

 こんな日は何も考えずにとっとと寝ることにします。

 そして明日は馬車馬のように働きます。

 おやすみなさい。

by shintekiware5 | 2006-04-21 23:59 | 独り言