カテゴリ:グルメ( 267 )

両面焼きそば あぺたいと

高島平に行列のできる焼きそばの名店があるといいます。

その名も

両面焼きそば あぺたいと

とっても気になったのでチャレンジセットというのを注文してしまいました。

では早速作ってみましょう。

自分は一玉では当然足りないので二玉で作ってみます。

f0101965_7563387.jpg

まずはお好み焼きのように丸く麺を広げます。

f0101965_7574550.jpg

上からサラダ油をたらし焦げ目をつけていきます。
f0101965_7591759.jpg


こんな感じです。


f0101965_80052.jpg


両面を焼いたら皿にいったん移します。
f0101965_812879.jpg


豚肉を焼きます。
f0101965_824068.jpg

焼けたら上にもやしと長め切った万能ねぎをのせます。
f0101965_842387.jpg


そしてその上に先ほどどかしていた麺を載せ、上から特製ソースをかけます。今回は二玉ですので2つですね。
f0101965_8103586.jpg


麺をゆっくりほぐしながら下の具材と混ぜていきます。
f0101965_8112265.jpg


ソースが麺と具材にしっかり絡んだら終了。
いい感じです。
f0101965_8121079.jpg


皿に盛り真ん中をへこませて
f0101965_8125276.jpg


生卵を落とし
完成です。
f0101965_8134271.jpg


頂きます。
f0101965_814312.jpg


次に卵を絡ませると少し辛めのソースがマイルドになり楽しい味の変化を楽しめます。
f0101965_815278.jpg


これ以上具をあれこれ入れないで下さいという江戸っ子らしい潔さも素晴らしい。

大変美味しゅうございました。お店にもいかなくては。

by shintekiware5 | 2016-09-06 07:53 | グルメ | Comments(0)

ポークレタストマトサンド

月並みですが材料はこちらと食パンですね。
f0101965_14221885.jpg


焼いた食パンにレタスを置きマヨネーズをかけ
f0101965_1425672.jpg

トマトを置きスクランブルエッグをその上に
f0101965_14255478.jpg

ポークランチョンミートを置いてケチャップを惜しみなく
f0101965_14273580.jpg


半分に折って豪快に頂きます。

これは外ではできないこと。
家の中での楽しみです。しかし最高にうまい。

by shintekiware5 | 2016-07-04 14:28 | グルメ | Comments(0)

豚しゃぶ茶うどん

このような材料・商品で豚しゃぶ茶うどんを作ってみました。
f0101965_748526.jpg


いかがでございましょう。

f0101965_7532921.jpg

金のゴマダレという商品はミツカンさんの自信作だと思いますが、その金のゴマダレの濃厚なコクとうまみそして全く臭みのない鹿児島産豚の甘みとうまみそして、それらの個性派に負けないわが社の知覧茶うどんの弾力性のある歯ごたえとかすかに香るお茶の風味。

f0101965_755559.jpg


地上でありながら天国を味わいました。

お勧めいたします。

by shintekiware5 | 2016-07-04 07:58 | グルメ | Comments(0)

サッポロ一番 縁日の焼そば

皆様おはようございます。北海道の男の子、良かったですね〜。「俺は柔じゃないぜ」。小2の男の子の強烈なメッセージと矜持を感じました。そして、テレビ見ながらつい泣いてしまいました。お父さん良かったね。本当に良かった。

 さて、昨日「焼そば」を作ってみました。それにしても「焼そば」というのはなんなんでしょう。「焼そば」と聞いただけでいても立ってもいられなくなる。そして、うまく作れたらアップしたくなる。不思議な食べ物です。

 サッポロ一番縁日の焼きそば

 
f0101965_8133215.jpg


 もちもち感がインスタントとは思えない感動を呼び起こします。

 お勧め申し上げます。

 
f0101965_8143118.jpg

by shintekiware5 | 2016-06-04 08:14 | グルメ | Comments(0)

知覧茶うどんとQPカルボナーラの組み合わせ。あり得ないベスト。

いつもカルボナーラにこだわってしまうわけですが今回はキューピーさんのを使用してみました。

f0101965_14571346.jpg


ゆで時間13分と書いてありますが10分でも全然大丈夫です。


f0101965_14584916.jpg

冷水でもみながら締めます。

f0101965_1504481.jpg


水を良く切って深めのフライパンで暖めたカルボナーラソースに茶うどんを絡めます。


f0101965_152213.jpg


こんな感じで絡んだら

f0101965_1533752.jpg

お皿に盛りブラックペッパーを少々かけます。

ブラックペッパーというのは甘めのカルボナーラに深みを与える素晴らしい脇役ですなああ。

f0101965_1553218.jpg


ムッチリした麺に濃厚なカルボナーラソースがばっちり絡み、何とも言えない食感を味わえます。ソースが最高なので麺の良さも余計引き立ち大変美味しい。

今回分かったこと。温玉やパルメザンチーズなど入らない。二品とブラックペッパーで恐ろしく上手いパスタを超えた茶うどんができあがりました。「濃厚なソースに負けないもっちりした茶うどん」
これがあり得ないプラスの相乗効果を生み出している。


自分なりにそう分析し結論づけさせていただきました。

お勧め申し上げます。
f0101965_1573743.jpg

by shintekiware5 | 2015-07-29 15:08 | グルメ | Comments(0)

キムチ納豆茶うどん

タイトルのメニューを作ってみました。
材料はこちらでございます。
f0101965_2015089.jpg

ニンニクを刻み
f0101965_20161071.jpg


キムチと納豆を合え

f0101965_2017977.jpg


茶うどんを茹でます。

f0101965_2018163.jpg


フライパンにレモンオリーブオイルをたっぷりと回しかけ、ニンニクを炒め

f0101965_20185537.jpg

ゆであげて水にさらし、もんでぬめりをとった

f0101965_20202215.jpg


茶うどんを投入
f0101965_20214250.jpg


皿に盛り先ほどのキムチと納豆和えをのせ、ネッカリッチ玉子をのせれば
f0101965_2023580.jpg


完成です。

f0101965_2023578.jpg


これはパワーが出ます。お勧め申し上げます。失礼します。
f0101965_20245613.jpg

by shintekiware5 | 2015-04-09 20:25 | グルメ | Comments(0)

ぺろっこらーめん

f0101965_15511938.jpg


昨年、東北に行った際、購入したまま置いていた小山製麺 ぺろっこらーめんを作りました。

これまた松島産の海苔、わかめなどをのっけてみました。

f0101965_15544725.jpg


ワンタンの皮のような平麺。
つるるん、ふわっとした食感がたまりません。

f0101965_1555344.jpg


大変美味しゅうございました。
東北に行かれた際はぜひ。
さて、桃屋さんのメンマ、醤油らーめんには欠かせないと思うのですが一度になかなか食べきれずに冷蔵庫に入れておくとたいてい4、5日で味が変わります。

じゃあどうするか。

ある方から教えていただきました。

「ラップして冷凍すればいいさあ」と。

なので今日余った分はラップして冷凍します。
f0101965_15585874.jpg


いいことを教えていただきました。

それでは失礼いたします。

by shintekiware5 | 2015-04-05 16:00 | グルメ | Comments(0)

おろしタワー茶うどん。

すっかり秋めいた今日この頃、久しぶりの投稿でございます。

 本日、ご紹介するのは「おろしタワー茶うどん」です。

 まず、用意するのはこちら。我が社の茶うどんでございます。

 
f0101965_755578.jpg


 13分茹でてお皿に盛りつけます(固めが好きな方は12分くらいでも大丈夫です。お好みです)。

 
f0101965_757531.jpg


 その上にたっぷりの大根おろしを。

 
f0101965_803471.jpg


 今回は四国で見つけたこの醤油を上からかけます。
 
f0101965_813075.jpg


 完成。

 
f0101965_823129.jpg


 これはうどん好きにはたまらんお味でございました。一袋二人前ですが軽く二人前いけてしまう。そんな感じでございました。美味しゅうございました。

 
f0101965_844659.jpg

 お勧め申し上げます。

 

by shintekiware5 | 2014-10-27 08:04 | グルメ | Comments(0)

これは簡単チリメンサンド。

皆様、ごきげんやう。
伊丹十三という方はいったいいくつもの顔があるのだろうというくらい多芸多才の人でございました。
その伊丹十三が30年近く前、「味の素マヨネーズ」のコマーシャルで紹介したメニューを作ってみましょう。

材料はこちら。
プラスサラダ マヨネーズ、チリメンジャコ、大葉、サンドイッチ用食パン。
f0101965_7563490.jpg
 

作り方は至って簡単です。まず食パンにマヨネーズをできるだけ多く掛けます。
f0101965_863077.jpg


その上に大葉を載せ
f0101965_8103165.jpg


さらにちりめんじゃこを載っけ
f0101965_8124080.jpg


巻いていただきます。

f0101965_814391.jpg


この間、所要時間10秒。

何となくカラダにも良さそうでそしてそれなりに美味しくて、洒落た感じ。

朝のお忙しいときのメニューにいかがでございましょう。

それでは失礼します。

by shintekiware5 | 2014-09-08 08:18 | グルメ | Comments(0)

菜食カフェ。

タイトルの件、画期的な商品が発売されたのでご案内申し上げます。

ポイントは三つです。

 一食当たり生換算で180g以上の野菜を配合している点。

2 添加物としての調味料を使用せず、野菜のおいしさをそのまま・・・・

3 食品衛生法によるアレルギー物質27品目を含む原料は不使用

カロリーの切り口から申し上げますと、小麦粉を使用していない点も大きいです。

まずは豆と野菜のトマト煮込みカレーからご案内します。
f0101965_19581259.jpg

ソースにトマト、かぼちゃ、ブロッコリー、生姜、ガーリックが溶け込んでおります。具材は人参、玉ねぎ、赤ピーマン、グリンピース、ひよこ豆でございます。

f0101965_19592462.jpg


いやあああ、肉なしでここまでコクが出るとは本当に素晴らしい。美味しゅうございます。感動でございます。

f0101965_2025282.jpg


続きましてレンコンとごぼうの根菜カレー
f0101965_2051945.jpg


ソースにトマト、かぼちゃ、れんこん、たけのこ、ごぼう、赤ピーマン、ニンジンが溶け込んでおります。

具材の野菜はたまねぎ、じゃがいも、れんこん、たけのこ、ごぼう、赤ピーマン、にんじんです。

f0101965_2042095.jpg


大きめに切ってあるレンコンがレトルトと思えない歯ごたえがありとっても美味しい。肉なしでカレーって成立するのですね。私にとってはカルチャーショック、もっと大袈裟に言えばエポックメイキング的な出来事でございました。

f0101965_20104120.jpg


ヘルシーで美味しい、菜食カフェ。お勧め申し上げます。

by shintekiware5 | 2014-05-22 20:13 | グルメ | Comments(2)