カテゴリ:お勧め映画( 32 )

寅さんのすごさ。

  wow wowでやっていた寅さん一挙放映。
 当然こちとら(寅)一挙には見られないわけで・・・・
 HDDに溜まったのをブルーレイに焼くのに日曜は必死でした。はいっ死ぬまでには48話+ハイビスカスの花特別編まで全部見ます。
 さて・・・
 主題歌の「奮闘努力も甲斐もなく」この部分。
...  ずーっとこの部分を30歳の頃初めてカラオケで歌うまで「うんと努力の甲斐もなく」
 こう思ってたりするのはおいらだけなのでしょうか。
 かもね。
 兎にも角にも寅さんは何度見てもよい。また寅さんネタ書かねば。いつみても泣けるのお。

 ちなみに6年前の記事。アップしておきます。
 
 

by shintekiware5 | 2012-01-23 23:07 | お勧め映画

ありがとう

 ありがとうごいえば1970年代を代表するテレビドラマ。

 水前寺清子と石坂浩二で有名だ。

 今回紹介するありがとうはこれ。

 
f0101965_171151.jpg


 阪神大震災ですべてを失ったものの、希望を失わず何と60歳でプロテストに合格した古市忠夫氏を描いた映画である(2006年公開)。
 
 赤井秀和主演、スーちゃんが奥さん役。

 薬師丸ひろ子がキャディ役で渋い演技を見せている。
 

 素晴らしい映画。

 お勧めです。 

by shintekiware5 | 2011-05-12 23:57 | お勧め映画

サンダカン八番娼館 望郷

 言わずと知れた東宝の49年の大作。

 田中健のデビュー作でもある。

 自分の半生を語るのは晩年の田中絹代。

 聞き役のノンフィクションライターとして栗原小巻。

 田中絹代の幼少期から中年までを少し前に書いた天才高橋洋子が演じる。

 高橋洋子の兄は浜田光夫。

 そして・・・

 なんか気品があり大変毅然とした女性だなと思っていたら、裕ちゃんをスカウトした水の江滝子だったりする。

 そうそうたるメンバーである。

 戦前から戦後を生きた悲しい女性の半生をドラスティックに描く。 

 近代史の裏の部分を理解するうえでぜひとも見ておきたい映画である。

 お勧めします。

by shintekiware5 | 2011-01-21 23:18 | お勧め映画

旅の重さ。

 昭和47年の映画なんだけどこれがよい。

 テーマ曲はたくろうの今日までそして明日から

 主演が

 高橋洋子

 当時19歳。

 むっちゃ可愛い。
 
 僕が彼女を知ったのは昭和51年のドラマお菓子放浪記だったんだけどね。

 好きだったんだよ。

 話を戻そう。

 実はこの映画、ヒロインをオーディションで抜擢。

 次点だった秋吉久美子もチョイ役で出てます。

 わきを固めるのが

 母親役 岸田今日子。

 旅芸人の親方 三國連太郎。

 内緒  高橋悦史。

 どなたも癖のある名優ばかり。

 兎に角、高橋洋子を昔知ってて、好きだった人は是非是非借りて見てください。

 なかなか素晴らしいロードムービーでっせ。
 
 敵我男1月の超おすすめ映画です。

by shintekiware5 | 2011-01-06 19:38 | お勧め映画

おとうと

 吉永小百合さんの主演映画おとうとを見ました。

 これはいい作品です。

 泣けます。

 感動します。

 小百合さんは女神です。

 鶴瓶もやらかしてくれます。

 怪演です。

 蒼井優がよいです。

 お勧めです。

by shintekiware5 | 2011-01-03 23:38 | お勧め映画

気狂いピエロ。

 アランドロンと双璧どころか、ボルサリーノ等で主役を食う働きをしていたジャン ポール ベルモントの1965年の作品だ。

 昭和59年夏、うだる様な暑さの日、涼みに入った下高井戸の名画座で見た。

 今日ラジオを聞いているとアナウンサーが「きぐるい」ピエロなんて言うんだよな。「おいおい聞いてて、何なのか分からないぜ」と思った。

 放送禁止用語だから仕方ないのかもしれぬが、固有名刺の読み方まで変てしまうとは・・・・・・

by shintekiware5 | 2010-11-06 17:21 | お勧め映画

許されざる者

 ご存じだと思うが、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演を務めた本格ウエスタンだ。

 どこにも行かなかったゴールデンウィーク期間中に見た映画。

 一癖も二癖もある登場人物それぞれが許されざる者のような気がしてくるから不思議だ。

 当初出演を渋ったジーンハックマン(そりゃ渋るで)、モーガン・フリーマンの演技も光る。

 暴力はいかん。

 絶対にいかん。

 しかし・・・

 これを見ずに西部劇は語れない。

 そんなとっても気になる映画である。

by shintekiware5 | 2010-05-11 18:55 | お勧め映画

Don't Think. Feel!(考えるな、感じろ!)

私は瞬間瞬間でいろいろなものにはまる。今ハマっているのはブルース・リー。小中以来のはまりようだ。納得いかない死亡遊戯以外はこのGW期間中にすべて見た。

 さてタイトル。

 実は・・・・・

 別のところで聞いたこの言葉。

 リーが燃えよドラゴンの前半5分くらいのところで弟子に言う言葉だった。

 どこにも行かなかったGWだが、確かに得るものはあった。

by shintekiware5 | 2010-05-03 23:54 | お勧め映画

ウェインの魂。

 白鵬関全勝優勝、素晴らしかった。お見事。負けはしたが、日馬富士関もよく粘った。把瑠都関、大関昇進おめでとう。でかいし髷結ってるから随分年に見えるけどみんな随分若いんだよね。

 偉い。

 さて

 宅配レンタルで2ケ月前に借りたアラモ

 やっと今日見ることができた。

 
f0101965_2155636.jpg
 

 アメリカ史上に名高いアラモの戦いをモチーフに西部劇の大スター、ジョン・ウェインが製作・初監督・主演した3時間近くの超大作。

 痺れるセリフがあった。

 「コーンジュースはないかな」。

 コーンジュース?
 
 きっとバーボンの事だと思う(間違ってたら御免)

 いかしてるじゃないか。
 
 これ以上はネタばれになるので止める。

 アカデミー賞7部門にノミネートされながら、録音賞のみの受賞というところもポイント。

 ウェインの無念はいかばかりだったか・・・

 兎にも角にも一生に一度は見ておきたいウェインの良心がいっぱいいっぱい詰まった素晴らしい映画なのであった。

 
 

by shintekiware5 | 2010-03-28 21:19 | お勧め映画

天才 ケビン・スペイシー

 米倉涼子主演 交渉人スペシャルを少し前にテレビでやっていたが、えらく感動してしまった。

 米倉涼子はすごい。

 不世出の大女優です。

 さて

 実は

 1998年に、ケビン・スペイシーという俳優が交渉人(The Negotiator)という映画でタフ・ネゴシエーターを演じていた。
 
 映画館で観たが記憶に残るなかなか素晴らしい映画だった。

 さらに

 さかのぼること3年、ケビン・スペイシーがアカデミー賞助演男優賞を受賞したこの作品。

 ユージュアル サスぺクツ

 
f0101965_0152967.jpg


 筋は言いません。

 最高の映画です。

 そして

 ケビン・スペイシーは天才です。

 以上。

by shintekiware5 | 2009-10-01 00:20 | お勧め映画