カテゴリ:独り言( 743 )

そしてお礼も。

 このところ、フェイスブック主体で更新がとんと滞っておりました。

 しかし

 アクセスをしていただいている方がいらっしゃる。

 何と有難いことでしょう。

 これからも

 きちんと伝えるべき事を伝えて参りますので宜しくお願い申し上げます。

 本当に有難うございます。

 それでは失礼いたします。

by shintekiware5 | 2013-01-05 18:12 | 独り言 | Comments(0)

恐ろしい時代。

 193センチ108キロのセンターがパナソニックに入団するという。
 
 
f0101965_1173839.jpg


  

 トップリーグの対面の選手は今どんな気持ちなんだろう。

 今の時代にラグビーしなくてよかったです・・・・

by shintekiware5 | 2012-08-29 11:05 | 独り言 | Comments(0)

敵我流焼きおにぎり。

玄米飯が少しあまっていたのでラップでおにぎりを作りました。

f0101965_21485410.jpg


吟醸醤油をまんべんなく掛けます。

f0101965_21491782.jpg


フライパンに我が社で販売しているレモンオリーブを引きます。

f0101965_21514084.jpg


いい香りが漂います。

f0101965_21525525.jpg

少し割れちゃったけど大変おいしい、風味のある焼きおにぎりができました。
f0101965_21535588.jpg


レモンオリーブオイルお勧めします。

by shintekiware5 | 2012-08-12 21:55 | 独り言 | Comments(0)

今日も敵は我にありアーカイブス・・・

 蜂に話しかける 2005/04/24

 朝から古武道の稽古。今日は整体のS先生が見学に来られていた。「作務衣に下駄履き」の素敵な格好と柔らかな話し振りは実に魅力的だ。
 
 S先生は過去に空手や、この古武道を実践されたこともある。2時間にわたる稽古をじっくり見学なさった後に、体を機能的に動かすための筋トレ(もちろん、ベンプレやスクワットではない)や体をケアする方法などいろいろ教わり、本当に有難かった。そして稽古が終わり、総師範を始めとする仲間に「有難うございました」と礼を言い参道を歩き始めたその時・・・
 
 大きな熊ん蜂が私に襲い掛かってきた。私が懸命に手で振り払おうとするとS先生が・・・

 「振り払ってはいけません。話しかけるんです。そうすると蜂は絶対刺しません。犬も同じです」と教えてくれた。

 そして私はこんな事を思い出した。

 1年ほど前、私はジョギング中に飼い主の手から離れたドーベルマンと目が合い、吼えられたので逃げまわり、思いっきり追い掛け回された。 
 
 飼い主は「逃げないで、逃げないで」と絶叫するが、逃げないわけにはいかない。

 飼い主の女性に「お前~よくも放し飼いにしやがって~早く捕まえろ、何ぼーっと見てるんだ、ふざけんな」と怒鳴りまくりながらグルグルグルグル逃げ回った。結局、飼い主が犬を押さえつけ事なきを得たが・・・・

 ところで人間も企業もこれらの生き物と同じ。弱いと思えば、嵩にかかって攻めてくるし好業績をあげ、高額納税をし、リスクマネジメントをばっちり行い、正々堂々としていれば、どっからも攻めては来られない
 
 要はすきのない「実力」をつけるということ。 
 今日はS先生から有難く学ばせていただいた・・・
 
 道場では仕事のヒントを得ることが実に多い。

 以上、7年前の記事でした。このころの気持ちを忘れずに再度自分と会社を仕切り直ししたいと思います。

by shintekiware5 | 2012-08-09 08:16 | 独り言 | Comments(0)

過去の日記寄りの貼り付け。

 
 なんか最近自信喪失気味で日記が書けなくなっております。したがって時間稼ぎに過去のダイヤリーから自分でなかなかいいと思った記事を貼り付けます。ご容赦賜りたくお願い申し上げます。

 朔太郎(世界の中心で愛を叫ぶ)より松五郎(無法松の一生)の方が純愛。2005/02/18
 はっきり申し上げて今回はパクリであることを最初に宣言する。以前の日記に書いた保守派の論客西部邁とゴーマニスト小林よしのりの対談集「本日の雑談1~4」の2巻で純愛には程遠い二人が純愛を語っている。 

 少し前の日記に書いた「セカチュー」で朔太郎の祖父がアキ(朔太郎の恋人)の死後に「悲しみ、後悔、同情・・・悪い感情は一つも含まれていない。みんなお前が成長していく上で肥やしになっていくものばかりだ」と朔に語る。


 「アキは朔太郎の肥やしなのか?こんなのが純愛か?」と二人で熱く語る。

 一方、「無法松の一生」の車夫松五郎軍人の未亡人への献身ぶりを例にあげ、「こっちがはるかに素晴らしい」と論理を展開する(私も同感)。


 自分で自分をインテリだとアピールしつつも、セカチューの300分の1しか本が売れないことを「ヒロシ」みたいに自虐する可愛らしさもある西部邁と彼のよさを上手に引き出す小林よしのり。政治から宗教、性教育、少年犯罪にいたるまで斬りまくる二人の対談は実に面白い。

 少なくともG侍のCDよりは面白い。一読をお薦めする。http://www.asukashinsha.co.jp/rist/education_bunka_hyou/right/H01.html  http://www.asukashinsha.co.jp/

by shintekiware5 | 2012-08-08 20:27 | 独り言 | Comments(0)

さんま蒲焼き丼。

さんま蒲焼き丼。さんまを開いて軽く粉を振りフライパンで甘辛く味付け。ウナギの代替品ですな。原価30分の一くらいでしょうか?
f0101965_20483559.jpg


締めはかつぶしごはんでした。シンプルイズベスト。日本人でよかったです。

f0101965_20513682.jpg

by shintekiware5 | 2012-07-25 20:53 | 独り言 | Comments(0)

床屋→整体→I田さんの会。

 日曜、午前中は与次郎の理容春日野さんへ。

 ある施術をしていただきました。

 そして

 首をどうしても早く治したいという焦りから午後は整体。

 いろいろいじっていただきました。

 だいぶ全身ゆがんでいたり痛めていたり先生もびっくりしておりました。

 治療後、もの凄く楽になりました。

 そして

 家に戻りしばらく仰向けになっておりました。

 で

 夕方からは、某会に出席するためI田さんのピザかやさんへ・・・

 この会は、同期の印刷やさん、ダンスの先生、菓子メーカーの社長さん、獣医さん、大学の英語の先生、某銀行の部長さんやお医者さん、歯医者さんなどが集まりわいわいがやがや、月一回の情報交換の場になっています。


 ところが

 首が怒ったのか、熱を持って、ますます動かなくなって正面しか向けなくなりました。

 会話もままならず、ストローでビール等をいただきまして2時間弱でお暇させていただきました。

 代行で帰ったのですがシートを倒しまして仰向けの状態で運んでもらいました。

 なんだかなあと思える一日でした。




 

 

by shintekiware5 | 2012-07-15 23:12 | 独り言 | Comments(0)

有難うございます。

 更新がかなり滞っておりました。申し訳ございません。

 休筆していたにもかかわらず多くの方に遊びに来ていただきとても感動・感謝しております。有難うございます。

 私は元気にしております。

 これからも書き続けますので宜しくお願い申し上げます。

 少しさかのぼって記事を入れるかもしれませんので(投稿日時を変更して)、どうか宜しくお願い申し上げます。

 とりあえず昭和の街、豊後高田市に展示してあったオート三輪の写真をアップしておきましょう。

 これは懐かしかったです。

 
f0101965_9294173.jpg


 
 

by shintekiware5 | 2012-07-11 23:24 | 独り言 | Comments(0)

人間の基本。

 

f0101965_85112100.jpg


曽野綾子さんの小説で唯一読んだのは天井の青。

佐藤浩市さん主演でドラマにもなった。

大久保清を題材にした小説。

この小説は元々新聞小説だったのですが、曽野先生は70代の男性からクレームをもらった。

新聞という公器になぜ悪人のことを書くのか

先生は切り捨てます。

この人は70にもなって人生何も分かっていないと。

いい人などしか出てこない小説など退屈で誰も読まないと・・・

悪つまり影を書かないと善つまり光が表現できないと。

確かにその通りです。

たいてい世の中そうなっています。

悪玉と善玉。

悪人と善人。

ところで私は悪人?

善人?

さて、兎にも角にもこの新書、曽野さんの男前ぶりが出ていてとても素晴らしい。お勧めします。

by shintekiware5 | 2012-06-12 23:50 | 独り言 | Comments(0)

トカラ欠航。

 本来であればトカラ行きだったのですが悪天候のため欠航。

 終日、会社で事務処理をしていたのでした。

by shintekiware5 | 2012-06-11 23:46 | 独り言 | Comments(0)