カテゴリ:悲しみ( 37 )

【お見舞いとお悔み】

皆様おはようございます。今回の熊本の地震で被害に遭われた方、そして犠牲になられた方に謹んでお見舞いとお悔みを申し上げます。余震も続いているようです。避難されていらっしゃる方、どうかどうか気持ちを強く持っていただきたい。皆様の痛み苦しみ悲しみお察しいたします。書けば書くほど辛くなるのでここでやめておきます。失礼します。

by shintekiware5 | 2016-04-15 09:16 | 悲しみ | Comments(0)

お悔やみとお見舞い。

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん)の噴火でお亡くなりになられた方々に心よりの追悼とお見舞いを申し上げます。言葉がございません。

by shintekiware5 | 2014-10-02 07:42 | 悲しみ | Comments(0)

【合掌】

 広島市で発生した局地的豪雨による大規模土砂災害。お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。失礼します。

by shintekiware5 | 2014-08-20 22:03 | 悲しみ | Comments(0)

東日本大震災から2年経過して。

 東日本大震災から今日で丸2年が経過しました。朝礼で黙祷を捧げましたが接客中でなければ当該時刻の14時46分にももう一度黙祷を捧げます。

 あの当時、未曾有ですとか想定外などという言葉が頻繁に使われました。しかし実際のところ、そのようなことが起こるのが災害だとあの時、気付かされました。

 そして「命」には限りがあり、愛する人が瞬間的に「命」を絶たれてしまうこと・・・そんな現実は起こりうるのだ。

 そのことにも気付かされました。

 つまり「死」というのはいついかなる時でも来るのだと。今まで現実味は薄かったのですが、死は夢でも幻でもない・・・・・

 現実なんだということを・・・
 
 だから私は命をいただいたこと、そして健康に生かされていることにただただ感謝し、世のため人のために生きなければならない・・・

 そう強く強く思ったのでした。

 失礼します。

by shintekiware5 | 2013-03-11 08:53 | 悲しみ | Comments(0)

N村支配人送別会。

 1月31日はプチフラッパーN村支配人の送別会でした。

 かなり長い年月この店にいらっしゃいました。10年?

 ささやかながら花束を贈らせていただきました。

 
f0101965_1910662.jpg


 最後はH人会青年部の現役シニアの皆さんと一緒に。
 
 
f0101965_19114526.jpg


 よか晩でした。

 N村さん、新天地でもどうか鮮やかに生きてください。有難う。

by shintekiware5 | 2012-01-31 23:07 | 悲しみ | Comments(0)

柳ジョージさんさようなら。

 以前こんな記事を書いた。


 玄人好みの渋いボーカルでした。

 どうか安らかに・・・ 

by shintekiware5 | 2011-10-14 15:42 | 悲しみ | Comments(0)

勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けあり。

 今日はS島さん、K治さん、K牟田部長と4人でゴールデンパームでした。

 前半、50。前半50は最近では珍しい。ドライバーもそこそこ良かった。その時点でS島氏に1打負けていた。
 
 昼食は焼肉スパゲティ。下に玉子が敷いてある。野郎心を知り尽くした見事なメニュー。

 大変美味しかった。
 
 
f0101965_18231713.jpg
 


 大変満足して後半に挑んだわけだが、なぜかパターもアプローチも全然ダメ。

 ドライバーではS島氏を50ヤード後ろに置いているのに結果はトータル7打も負けてしまった。

 ちなみにS島氏、よく分からないのだが99。見事に100を切ったのであった。

 不思議の勝ちと不思議の負けであった。

 
f0101965_18285844.jpg


 

by shintekiware5 | 2011-10-10 18:17 | 悲しみ | Comments(0)

悲しみ。

 連休中は極端にアクセスが減りますね。

 普段

 皆さんパソコンに向かい合っているから休みの日は解放されたいですよね。

 なので

 連休空けたらまた見てください。

 おいらは休みも書き続けますので。

by shintekiware5 | 2011-09-23 23:53 | 悲しみ | Comments(2)

竹脇無我さんさようなら。

 大岡越前で伊織でしたっけ・・・

 お医者さん役か何かをやられてましたよね。

 あのテーマソングとともに当時のことがよみがえってきました。

 超二枚目の俳優さんでした。

 40代後半から鬱病を患われずいぶん苦労をされたみたいですね。

 なんか昭和という時代がどんどん過去のものになっていく気がしてなりません。

 今の若者もほとんどは竹脇さんのことを知らんと思うし・・・

 心よりご冥福をお祈りいたします。

by shintekiware5 | 2011-08-22 18:03 | 悲しみ | Comments(0)

原田芳雄さんさようなら。

 優作兄いとも仲良かったんだよな。

 今頃二人でバーボンでも飲ってるぜ。

 昭和がものすごい勢いで消え去っていく気がする・・・・

 

by shintekiware5 | 2011-07-20 07:30 | 悲しみ | Comments(0)