カテゴリ:感動( 230 )

稲盛和夫氏講演会。

 本日は城山観光ホテルさんの開業50周年記念式典でした。

 昼のレセプション後、16時半より稲盛和夫氏の記念講演会でした。

 タイトルは日本航空の再建と日本の再生。

 稲盛和夫氏は2010年2月より会社更生法が適用された日本航空の代表取締役会長に就任。 

 就任後、当初は週3回の勤務。そして無給。

 実は再建への勝算は全くなかったといいます。

 講演の冒頭、氏は人生の目的とは世のため人のために尽くすこと。そのように淡々と語ります。

 1980年代、世界でもトップクラスの航空会社となった日本航空。

 しかし、無理な拡大路線と官僚的組織の弊害などから2010年1月、2兆3千億の負債を抱え倒産します。

 直ちに会社更生法を申請。

 氏は続けます。過去に会社更生法を申請した上場会社137社(店頭公開含む)のうち、更生手続き終結後に再上場した企業は、集計可能な1962年以降で9社(6.6%)にとどまるとのだと。

 それほど再上場というのは難しいと。

 しかも金融機関を除く企業で最も大きな負債を抱え倒産した日本航空がなぜ再上場できたのか・・・

 その成功のポイントは5つあると氏は続けます。

 1.会長が給与をもらわなかったこと。そして、JALの社員がその会長の思いに駆られて頑張った。週3と言っていた勤務も次第に週4に。週4が週5になっていった。週のほとんどはホテル住まい。食事をする間もなく仕事の帰りはコンビニでおにぎりを買ってベッドに座って食べて済ます(私ここでつい、涙が出てしまいました。)。そのような日常。自分が懸命に再建に取り組む姿勢。自分の父親のような年齢の人が・・・・それが社員の心を動かした。

 2.3つの大きな大義があった。

 ①日本経済の影響。2次破綻が起こると日本経済に悪い影響が出る。

 ②3万2千人の職員の職を守らなければならない。

 ③国民のためである。つまり飛行機を利用する人に便宜を図らなければならない。大手が一社になると競争が無くなり運賃が高止まりになってしまう。だから大手は二社必要。だから世間からどんなに批判を受けようとも再建しなければならない。

 3.日本航空の目的とは社員の物心両面の幸福を追求するということ。その一点に尽きる。企業とはそこに集う社員の幸せのためにある。社員が会社を自分たちの会社であると意識することが大事。これを明らかにしたから(自分たちのためだと思うと社員も再建に向かい本気で取り組む。そういうことだと私は思います)。

 4.意識改革。まずリーダー層の意識改革。本社と現場の一体感がない。だから経営幹部を対象に一ヶ月間リーダー教育を行った。

 経営の要諦とは素晴らしい人間性、日々心を高めること。

 常に謙虚であれ。人間として正しいことを追求すること。
そのようなことを話した。

 ところが

 一流大学を出たインテリには違和感があった。

 稲盛氏はこう説得。

 皆さんは「こんな幼稚なことと」いう。が、そのようなことを皆さん知ってはいるかもしれないが身にはつけていない。

 結果、幹部は次第に理解してくれるようになった。

 人間としてリーダーとして経営者としてどうあるべきかということをもっと早く知っていればこうはならなかったと。
 
 そして、次第にその研修を現場も受けたいという機運が高まる。

 そして、数千人が社員研修を受ける。

 稲盛氏はこう言う。設備から何から航空運輸業は巨大な装置産業と誤解される。

 しかし

 実際は究極のサービス産業なのだと。

 キャビンアテンダントはどう接遇するのか。機長はどう機内アナウンスをしてお客さんに「また乗りたい」と思わせるのか・・・

 JALの企業理念を京セラと同じく

 社員の物心両面の幸福の追求と決める。

 また

 フィロソフィーを策定。具体的には人間として何が正しいのか。プリミティブな判断基準。感謝の心。真面目に一所懸命仕事をする。
 
 そして熱心なフィロソフィー勉強会が始まる。

 5.部門別採算制度。

 就任当初実績を出させると、数ヶ月前の実績でマクロな実績しか出てこなかった。

 収益の責任体制や路線別、路便毎の採算制度を明らかにするためアメーバ経営を取り入れた。

 組織をできるだけ小集団にする。衆知を集め全員で経営。

 

 前述の5つのポイント以外に

 また思わぬ応援団も・・・・

 それは盛和塾の塾生。
 この塾生がJAL応援団を結成。5500人が1人100人を集め、55万人に。

 JALに乗ってあげよう。

 そして、世間から罵声を浴びせられていたその時、塾生達が数万羽の折り鶴も折ってくれた。


 さて

 
 このJAL再建の方法が日本にも応用できないか。

 今の日本人、困難に立ち向かう勇気を失っている。

 まずは心を変えなければならない。

 燃える闘魂が大事。

 過去に山中鹿之助はこう言った。



 我に七難八苦を与えたまえ

 最後に稲盛氏が就任時に社員に訓示として言った言葉を紹介します。

 新しき計画の成就は只不屈不撓の一心にあり。さらばひたむきに、只想え、気高く、強く、一筋に(中村天風) 


 
 これは、新しい計画の成功を望むのであれば、どんなことがあろうとも、決してあきらめず、だだひたむきに気高く、つまり純粋に、そして強烈に思い描き続けることが大切であり、そうすればどんなに難しい目標であろうとも、必ず成就できるということを意味しています。  
  
 本当に素晴らしい講演会でございました。

 私も自分自身に気合いを入れ、燃える闘魂でこの難局を乗り越えます。

 城山様、素晴らしい機会を有難うございました。

 稲盛会長様本当に本当に、いいお話を有難うございました。

 
 
 

  

by shintekiware5 | 2013-03-28 22:26 | 感動 | Comments(1)

ジム・コリンズ。ビージョナルカンパニー4。

 たまたま日経ビジネスを読んでいたらビージョナルカンパニー4作目(ジム・コリンズ著)の主題を同和鉱業の吉川相談役が紹介していました。

 もの凄く参考になったので忘れないようにここに書いておきます。


 「我らが生きるこの地球において不確実な時代は永遠に続き、混沌とした状況が日常化し、かつ変化が加速して起こってくる。

 企業はもちろん、我々の生活も常にこの不安定の状況下であり続ける。

 いかなるリーダーもいかなる優秀な人も、先見は不可能であり常に失敗を犯す。

 しかし、その失敗から何を学び、次に何を備えていかなる準備をし続けるかで、偉大なる企業・人生が達成できる」
 

 
 偉大なる企業・人生など我が社にも私にもおこがましいと思っておりますが、理想には少しでも近づきたい・・・
 そのように思います。

 まずは入手してじっくり読んでみたいと思います。

 吉川相談役有難うございました。
 

by shintekiware5 | 2012-12-10 23:29 | 感動 | Comments(0)

感性フォーラム100回記念集会2

いよいよ会場に入りました。
f0101965_2357630.jpg


百数十人の同志が集まりました。

貴重なスリーショット。

f0101965_23595540.jpg

同じテーブルのみなさんと。

f0101965_01114.jpg


林さんとの2ショット。

f0101965_02669.jpg

行徳先生の書のコーナーです。有難い、というのは難有リと言うことなのだ。
大変勉強になります。


f0101965_0314.jpg


会が始まりしばらくすると、「田中よおお​前一番遠くから来たからよおおお、締めの挨拶をしてくれよおお」と事前に言われており、締めの挨拶をさせていただきました。有難うございました。難有でしたが、なんとかこなすことができました。

f0101965_06712.jpg


 山口先生ともツーショットを撮っていただきました。裏でこそばられて、大笑いしております。「同じ高校生、同じルール、同じボール・・・・​しかしお前達は112対0で負けたんだぞ~。お前ら悔しくないの​かあああああああ」。
 いい話は何度聞いてもいいものです。ボロボ​ロボロボロ涙と鼻水が溢れだしたのでした。


f0101965_081831.jpg


 2次会は上の階のバーで。20人近くが移動しました。

 
f0101965_093436.jpg


 3次会は林さんを含め5人で近所のワタミへ。

 最後は梅茶漬けで締めました。とってもナイスな一日でした。

 
f0101965_0111266.jpg


 

 

by shintekiware5 | 2012-07-02 23:55 | 感動 | Comments(0)

感性フォーラム100回記念集会その1

梅田の飲食街でまずは腹ごしらえ。醤油ラーメン。これが鶏のだしでとてもおいしかった。
f0101965_2311269.jpg

大阪城公園を歩くことにしました。大阪城ホールで聖子ちゃんのコンサートがある日だったみたい。
f0101965_23133813.jpg

立派なお堀です。
f0101965_23163249.jpg


別の角度から。
f0101965_23182298.jpg


青屋門をくぐります。天守閣までかなりの距離です。

f0101965_23192514.jpg


汗だくになってまいりました。
f0101965_23212395.jpg


天守閣も顔をのぞかせます。大阪らしく派手な感じ。とっても良いです。

f0101965_23221267.jpg


一言でいえばまさしく威容。

f0101965_23273096.jpg


実に素晴らしい。エレベーターみたいなのは少し残念だけれど、これも大阪らしいと言えば大阪らしいのか。

f0101965_23305511.jpg


ラーメン食ったというのにやっぱたこ焼きでしょうとふわとろたこ焼きもいただきました。美味しかったです。
f0101965_23315661.jpg


長くなるので感性フォーラム100回記念集会その2に続きます。

by shintekiware5 | 2012-07-01 23:35 | 感動 | Comments(2)

八重樫 東選手。


 試合は見ていなかったのですが、今NHKのスポーツニュースで知りました。

 あれだけパンチを浴びて目があんなに腫れて、しかし折れることなく前に出る選手を私は知らない。

 お父さんがチャンピオンでは無くなったことに対する息子君のコメントを聞いたとたんにどっと涙が溢れてきました。


 八重樫選手実に素晴らしい。 是非、再度リングに・・・・・

by shintekiware5 | 2012-06-21 23:37 | 感動 | Comments(1)

あ、あかん何度聞いても、何度読んでも。

  過去に月刊致知に掲載された文章です。

  初めて聞いたのは法人会青年部会の例会ではなかったか。

  確か大嶋圭介さんが講演の最後に紹介したんだと思う。

  これを今朝のモーニングセミナーでM本Mさし副方面長が朗読するもんだからみんな泣いちゃって泣いちゃって・・・・

  私なんか鼻水まで出てしまいました。ハンカチ忘れていたので大変でした。

  前置きはこの辺で。
  
               
           ある女性教師と子供の出会い
 

  先生が小学5年生の担任になった時、どうしても好きになれない児童がひとりいた。

 その少年は、1人服装が不潔でだらしなかった。中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するよう になっていた。

 あるとき、少年の1年生の記録が目にとまったのである。

 1年生・・・朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強も良く出来、将来が楽しみ。

 間違いだ。
 他の子供の記録に違いない。
 先生はそう思った。

 2年生・・・母親が病気で世話をしなければならず、学校に遅刻する。

 3年生(1学期)・・・母親の病気が悪くなり疲れていて教室で居眠りをする

 3年生(3学期)・・・母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる。

 4年生・・・父は生きる意欲を失い、
      アルコール依存症となり、子供に暴力を振るう。

 先生の胸に激しい痛みが走った。

 ダメと決め付けていた子が突然、
 悲しみを生き抜いている生身に人間として、自分の前に立ち現れてきたのだ。

 放課後、先生は少年に声をかけた。

 「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?分からないところは教えてあげるから」
 少年は初めて笑顔をみせた。

 それから毎日少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

 授業で少年が始めて手を挙げたとき、先生に大きな喜びが沸き起こった。

 少年は自信を持ち始めていた。
 それはクリスマスの午後だった。

 少年が小さな包みを
 先生の胸に押付けてきた。

 後で開けてみると、香水の瓶だった。

 亡くなったお母さんが使っていた物にちがいない。

 先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪れた。

 雑然とした部屋で独り本を読んでいた。

 少年は、気がつくと飛んできて、先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

 「ああ、お母さんの匂い!今日はなんて素敵なクリスマスなんだ。」

 6年生で少年の担任ではなくなった。

 卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。
 「先生は僕のお母さんのようです。 そして今まで出会った中で一番素晴らしい先生でした」。

 それから6年、またカードが届いた。

 「明日は高校の卒業式です。僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって、医学部に進学することができます。」

 10年経て、またカードがきた。

 そこには先生に出会えた事への感謝と父親に叩かれた経験があるから患者の痛みが分かる医者になれると記され、こう締めくくられていた。

 「僕はよく5年生のときの先生思い出します。あのまま駄目になってしまう僕を救ってくださった先生を神様のように感じます。医者になった僕にとって、最高の先生は5年生の時に担任して下さった先生です」

 そして1年。
 届いたカードは結婚は結婚式の招待状だった。

 「母の席に座って下さい」 と1行、書きそえられていた。

 以上

 実はセミナー修了後、これは眉唾じゃないかと方面長に確認したところディテールは、もしかするとだが、事実であるとのこと。

 出逢い。

 大事なんだなあ。

 おらは出逢いをおろそかにしてこなかったか・・・・

 真剣に考えさせられるモーニングセミナーでした。

by shintekiware5 | 2012-04-13 10:48 | 感動 | Comments(2)

プチ同窓会。

 18日は中学の同級、K山、J宮、T中、T崎さんたちが私の誕生祝いもかねて集まってくれました。

 1次会は新世界。

 生ハムなどで巻かれたサラダ。

 立てているのがみそですね。ダイナミックです。

 
f0101965_13142338.jpg


 肉巻きおにぎり。

 
f0101965_13155547.jpg


 スイーツも実にダイナミック。
 
f0101965_13164638.jpg


 その他にも、ものすごい品が出て飲み放題(ビールやハイボール、ワインほとんどの飲み物)2800円。お得です。


 2次会ではJ宮がケーキを用意してくれました。食べられないので19日に会社に持っていき社員とシェアしました。

 
f0101965_13193764.jpg


 美味しかったです。みんな有難うございました。

 

by shintekiware5 | 2012-01-18 23:12 | 感動 | Comments(0)

へちまと高菜のお漬物。

 
f0101965_9373480.jpg


 外出先から戻ると

 机の上にМ野社長からのお土産が置いてありました。

 加世田の別荘でとれたへちまと、高菜のお漬物。

 へちまで体を洗うなんてなんという贅沢。うれしいです。

 高菜のお漬物も私は大好物。

 М野社長有難うございました。

by shintekiware5 | 2011-12-06 09:35 | 感動 | Comments(0)

最高のチキンスープ。

  夕方糸満から久米にあるA垣さんの富山さんに電話をした。

 「今から行ってもいいですか?」

 「いいですよ。専務がチキンスープを作ってお待ちしていますので是非」。

 糸満から久米まで車を走らせた。

 冬虫夏草入りチキンスープ。

 この鍋で作られたそうだ。

 雰囲気あります。

 
f0101965_21391978.jpg


 冬虫夏草とは植物に虫が寄生してできたもの。鶏の上の斜めの奴だ。

 
f0101965_2119383.jpg


 山芋を乾燥させたものを戻した食材。これが実にうまかった。 
   
 
f0101965_2127388.jpg



 専務素晴らしいスープ有難うございました。お蔭様で無茶苦茶元気が出ました。今後ともよろしくお願いします。

by shintekiware5 | 2011-11-29 21:16 | 感動 | Comments(0)

ボスと一年ぶりの再会。

 23日はМ野社長と一緒にボスに逢いにマリンメッセに行ってきました。

 ボスは相変わらず最高でした。

 ボス有難う。

 

 

by shintekiware5 | 2011-11-23 23:44 | 感動 | Comments(0)