強みに浸り、生かす。

  一般的にヒガシマルの淡口醤油はプロの方の間でも深く浸透している。

 今日、担当のT中さんが面白いものを持ってきてくれた。
 
f0101965_7301040.jpg

 もう少し近づけよう。
 
f0101965_7304073.jpg

 そう、70数ページにわたる淡口しょうゆのレシピ集。
 淡口醤油を味付けのベースにしたとても美味しそうなメニューが盛りだくさん。
 とても感動したので2点だけ紹介しよう。
 ふわとろ玉子のせチャーハン。
 
f0101965_7351240.jpg

 夏野菜のマリナータ風。
 
f0101965_7352979.jpg

 このほかにも美味しそうなメニューが盛りだくさん。

 担当のT中さんに聞いてみた。
「ずいぶんこの本の製作に時間がかかったでしょう」
T中さんは答える。
 「2年かかりました・・・」

 この本、淡口醤油の啓蒙活動にとても役立つ素晴らしい本だと思う。

 やりきったヒガシマルさんに私は拍手をおくりたい。

 自社の強みをしっかりと把握し、それを生かすことに腐心し、浸りきり、アウトプットした結果がこの本だと思う。
 
 業態は違うが大変勉強になった。

 我々も自社の強みをしっかり把握し、浸り、生かさねばならぬ。

 
 

by shintekiware5 | 2007-08-09 23:53 | 感動