閾値(いきち)を上げる。

週刊新潮に連載中の桐野夏生氏の小説ナニカアル。

林芙美子を題材にした小説だ。尊敬する偉大なる先輩と同名の秀一郎という登場人物も出てくる。

今回、いきなり知らない言葉が出てきた。

閾値という言葉だ。

携帯している電子辞書で調べた。
2.主体に興奮を引き起こさせるのに必要な最小の刺激の強さの値(スーパー大辞林)。

私の閾値は極めて低い。小さな事やちょっとした嫌な事ですぐに興奮するタチだ。訓練に訓練を重ね閾値を上げ、少しの事に動じない、どでかい人間になりたい。

by shintekiware5 | 2009-05-14 17:52 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。